ここから本文です

テクノロジー業界で働くなら、やはり選ぶべきはシリコンヴァレー? 求人サイトの調査結果から見えたこと

5/20(月) 12:12配信

WIRED.jp

全米の都市が、テクノロジー業界の仕事をシリコンヴァレーから自らの地域へと誘致しようと躍起になっている。それは一見すると、難しいことには思えないかもしれない。シリコンヴァレーは最も高コストな地域のひとつだからだ。さらに言えば、世界最大規模にして最大の資産価値をもつ企業数社が本社を構えており、テクノロジー人材の争奪戦が極めて激しい。

起業家よ、立ち上がれ。「GAFAの課題」を解決するために

ところが、オンライン求人情報サイト「Indeed」の調査によると、シリコンヴァレーにおけるテクノロジー関連の求人数は減少するどころか、むしろ増えているという。

そしてほかの地域でも、やはりテクノロジー関連の求人は増えている。なかでもシリコンヴァレーをはじめ「テックハブ」と呼ばれるテクノロジーの中心地で求人数が急速に伸びており、こうした地域の魅力が際立っているのだ。

「テクノロジー企業は、もともとのお膝元にとどまる傾向があります。テクノロジーが変化するスピードとは違って、お膝元の変化は比較的ゆっくりなのです」と、インディードのチーフエコノミストを務めるジェド・コルコは語る。

最も求人が増えたシリコンヴァレー

今回の調査では、人口100万人以上の大都市圏のなかから8つの地域が選ばれた。インディードのサイトでテクノロジー関連の職種が高い比率を示す都市で、具体的にはオースティン、ボルティモア、ボストン、ローリー、サンフランシスコ、サンノゼ、シアトル、ワシントンD.C.である。

このうちテクノロジー関連の求人が2017年から1年で最も増えたのは、シリコンヴァレーのサンノゼ大都市圏だった。これにオースティンとボストンが続き、シアトルはほぼ横ばいとなっている。

一方で、ワシントンD.C.とその近郊のボルティモアは、テクノロジー関連の求人が縮小した。ただ、アマゾンがヴァージニア州北部に第2本社の建設を計画していることから、この状況は長くは続かないだろう。

とはいえ、テクノロジー関連の仕事を求めているからといって、なにも巨大テックハブに住む必要はない。確かにシカゴやロサンジェルス、ニューヨークなどの大都市圏は、その規模ゆえにテクノロジー関連の求人がオースティンやローリーといった小さな都市より多い。しかし、こうした大都市圏では、全職種に占めるテクノロジー関連の求人比率は低いのである。

この調査では、特定のテクノロジー分野に注力している都市も明らかになった。例えば、デトロイトやピッツバーグは、自動運転技術の中心地になっている。

「ローズ・シティ」とも呼ばれるオレゴン州ポートランドは、テクノロジー関連の求人数ではほかの都市にかなわなかったが、シリコンヴァレーと同じぐらい種類が多岐にわたっていた。この傾向についてはサンディエゴも同様である。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事