ここから本文です

洗面所も#空中収納で!狭さが気にならなくなるアイデア

5/20(月) 21:11配信

ESSE-online

スペースのわりに置きたいものの多い洗面所。入浴前の服の脱ぎ着や洗面台での化粧などの習慣を考えると、アイテム数は自然と増えていきます。

整理収納アドバイザー1級のshiroiro.homeさんもかつては洗面所の収納や動線に不便さを感じていましたが、収納やアイテム選びを工夫することで使いやすい洗面所を実現しました。
洗面所のこだわりについて詳しくお話を聞きました。

折りたためる洗面桶は省スペースに大貢献!

家づくりを考えるときには洗面所は狭くてもいいと思っていました。「洗濯機や乾燥機を問題なく置くことができて、着替えスペースも少しあればいいかな」と考えていたのですが、これが失敗。日々家事をするなかで不便を感じるようになりました。

そこで自分の家事スイッチが入りやすいようにするために私がやったことをご紹介していきます。

●1. 洗濯カゴは折りたたみができるメッシュ素材の軽量タイプに

もともとはプラスチック製の洗濯カゴを使っていましたが、折りたたむことができるメッシュタイプのものにチェンジ。ものを入れていないときはぺたんこにたたんでスマートに収納できるのでお気に入り。洗濯機横の壁のフックにかけています。

●2.洗濯機の前面は洗剤と洗濯ネットのベストポジション!

洗濯機の前面にマグネット式のトレーをつけてそこに洗濯洗剤を置きました。ここに洗剤を置くと使うときのモーションが最低限で済むので本当に便利! 時短になっています。
洗剤は白い容器につめ替えることでトレーの収まりがよくなり、見た目のすっきりさもかないました。

また、トレーの下にはマグネット式のフックをつけて洗濯ネットをかけています。洗剤同様、洗濯前の衣類がすぐにネットに入れられてスムーズ。フックは体をぶつけたりしないようになるべく小ぶりでくるっと巻き込んでいるタイプを選びました。

●3.折りたためる洗濯桶の省スペースさに感動!

よく使う洗濯桶は、コンパクトに折りたためるものをチョイス。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 21:11
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年9月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい