ここから本文です

リビングすっきり!棚を間仕切りにするワザ

5/20(月) 21:11配信

ESSE-online

家族みんながくつろげるリビングにしたいけれど、カラフルなオモチャや生活感のある日用品が増え、理想とは離れていくばかり…。
ESSEが読者300人に実施した、「インテリアに困っている場所」アンケートでも、1位はやはりリビングという結果でした。

とくに「ものが多く生活感が出る」「くつろげる空間にしたい」という悩みが集中。そこで今回は、実際にそのようなお悩みをもつ読者宅を、収納のプロに改善していただきました。
ものを減らすことなく、配置を変えだけで片づいて見えるテクニックは必見です。

子どもの作品やオモチャが散らかるリビング。収納の工夫ですっきり見せる

2人の男の子を子育て中の、読者Uさん宅のリビング。オモチャが際限なく広がり、いつもゴチャついてしまっているそう。

「少しでもすてきにしたいと雑貨や子どもの作品を飾っていたら、いつの間にか圧迫感が出てしまったのも悩みです」

そんなUさんの悩みを解決してくれるのが、ルームスタイリストの村上直子さん。配置のワザで、理想とする空間に変えていきます。

[BEFORE]

オモチャが床を占領し、ゴチャついた印象のリビング。棚にはものがぎっしり入り、壁のあちこちに飾られた子どもの作品や雑貨で、圧迫感がでてしまっていました。

[AFTER]

色の強いものを死角に移動し、見た目がすっきり落ち着きました。またキッズスペースと大人のくつろぎスペースが分かれたことで、居心地のよさもアップ。

●棚を仕切りにして、リビングを大人ゾーンと子どもゾーンに分ける

リビングを、大人も子どももくつろげる空間にするため、村上さんが提案したのがキッズスペースと大人のスペースを分けるというもの。壁際で使っていたオープンシェルフをセンターに配置し、空間を区切ったことで、オモチャの広がりを防ぎ大人もゆっくりくつろげるようになりました。

●子どもの作品はディスプレースペースをひとつにし、枠内に納める

[BEFORE]

あちこちに飾っていた子どもの作品。かわいらしいですが、家じゅうに増えすぎると雑多な印象になり作品のよさも際立ちません。1か所に集結させましょう、と村上さん。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 21:11
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年6月1日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(7月号は特別定価558円)
今月は「リサ・ラーソン特製保冷バッグ」が付録についた特装版(定価850円)が同時発売!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事