ここから本文です

SNSの黒歴史はiOSアプリ『Jumbo』でまとめて削除しよう

5/20(月) 22:12配信

ライフハッカー[日本版]

iOS:私は、使いやすくて、1つのインターフェースで役立つプライバシー保護ツールをたくさん用意してくれるアプリが大好きです。

【記事の全画像】SNSの黒歴史はiOSアプリ『Jumbo』でまとめて削除しよう

だからこそ、無料のiOSアプリ『Jumbo』は、ぜひiPhoneに加えておくべきだと思います。

『Jumbo』があれば、Twitterの投稿を消したり、Facebookへの投稿ややりとりを他人が閲覧できる範囲を制限したり、Googleの検索履歴を削除したり、Amazonが記録しているAlexaとの会話履歴をすべて抹消したりできます。

(InstagramとTinderアカウントのデータプライバシー・コントロール機能も「まもなく」追加される予定です)

ありがたい完全無料

私が最も感動したのは、このアプリの扱いやすさと、価格です。

実は、『Jumbo』は、完全無料なのです。

「2ドルを支払えばロックを解除して完全版を使用できます」などという、プレミアム版を売り込むふざけた文句がないことには驚きました。

今後もプレミアム版が登場しないという保証はありませんが、私がこの記事を書いた時点では、『Jumbo』は完全に無料で使うことができています。

細やかな気配り

『Jumbo』の可愛らしいスプラッシュ・スクリーンでさえ、プライバシーを何よりも重視していることを伝えています。

例のごとく、「“Jumbo”は通知を送信します。よろしいですか?」というメッセージはたしかに表示されます。

ただしその直前に、「(ユーザーが通知の送信に同意した場合、)Jumboは煩わしいプッシュ通知を決して送らないことを誓います」という、下のようなささやかな決意の言葉が出てくるのです(通知送信の許可を尋ねるiOSの標準的なメッセージは、下のメッセージのあとに表示されます)。

メインスクリーンにたどり着いたら、アプリと連携したいサービスを選びます。

とはいえその前に、『Jumbo』を使うことで、自分のデータのプライバシーはどうなるのだろうか、という疑問を抱くのではないでしょうか。

『Jumbo』はプライバシーポリシーで、ユーザーの個人情報には一切手を触れないと表明しています:

私たちは、ユーザーが『Jumbo』で管理するデータの収集、保存、加工を一切行いません。それどころか私たちは、ユーザーが誰であるのかさえわからないのです。


これこそ、私たちが『Jumbo』を開発中に下した最も基本的な決定です。このアプリとその機能は、スマートフォンをベースにしています。

それは、あらゆるデータ処理は、iPhoneから、またはiPhone内部で行われるという意味です。

要するに、あなたが『Jumbo』を利用する時、私たちはあなたの個人情報を集めることも、それにアクセスすることもありません。解析目的でユーザーを特定することすらないのです」

この方針に安心したら(筆者は安心しました)、メインスクリーン上にあるそれぞれの「セクション」をタップして、自分のアカウントとの連携を開始しましょう。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 22:12
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事