ここから本文です

ベン・アフレックの後任、新バットマン役にロバート・パティンソン抜擢との噂が浮上

5/20(月) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

大人気アメコミヒーロー・バットマン役の最有力候補と噂されているイギリス人俳優ロバート・パティンソン。米『バラエティ』誌によると、2021年公開予定の『The Batman(原題)』への出演に向けて交渉中で、出演が決まればロバートの俳優人生における大きなターニングポイントになるだろう。

2019年に絶対に観るべき新作映画14選

バットマンの新作映画の監督を務めるのは、リブート版『猿の惑星』シリーズのうち2作を手がけたマット・リーヴス。2016年のヒット作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』からバットマンことブルース・ウェイン役を演じてきたベン・アフレックは、今年の2月に同役からの卒業を宣言していた。

ベンの後任には、ジェイク・ギレンホールやホアキン・フェニックス、マイケル・B・ジョーダン、アーミー・ハマーといったベテラン俳優たちの名前が浮上していたが、そのなかにロバートの名は含まれていなかったため、その意外性に驚いたファンも多かったようだ。SNS上では、「ロバート・パティンソンがバットマン? それ本当?」「それにしても意外。でもよく考えたら、なかなかいいチョイスかも」といったコメントが投稿されている。

現在33歳のロバートが抜擢されれば、31歳で同役を射止めたクリスチャン・ベールに次ぐ2番目に若いバットマンとなる。『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005)でセドリック・ディゴリーを演じて注目を集めたロバートは、映画『トワイライト』(2008~)シリーズのヴァンパイア、エドワード・カレン役で一躍トップスターに。その後、『奪還者』(2014)や『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』(2016)、『グッド・タイム』(2017)などに出演している。

Translation: Reiko Kuwabara From Harper’s BAZAAR UK

最終更新:5/20(月) 23:20
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年7月号
2019年5月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事