ここから本文です

米海軍の潜水艦で女性乗組員の「レイプリスト」、艦長は解任

5/20(月) 19:08配信

ニューズウィーク日本版

<逃げ場のない潜水艦のなかで身の危険さえ感じていた女性たちの不安を、上官は理解しなかった>

米海軍の潜水艦の乗組員らが、同じ艦の女性乗組員を対象に性的魅力ランキングのリストを作成し、わいせつなコメントをつけて共有していたことが捜査により明らかになった。

問題が起きたのは原子力潜水艦フロリダで、女性の乗務が認められた米軍で2番目の潜水艦だ。男性乗組員は、女性乗組員のいわゆる「レイプリスト」を作って回覧していた。しかし海軍幹部は十分な対応を取らなかった。

ミリタリー・ドットコムによれば、リストに関する捜査は情報自由法に基づく請求によって行われた。74ページに及ぶ捜査報告書によれば、艦内では性差別的で不適切な振る舞いや発言が「許容され、上官と部下の間の信頼は存在しなかった」という。

フロリダに女性兵士が乗務するようになったのは昨年2月で、早くも6月には、艦長のグレゴリー・カーチャー大佐の元に複数の部下から問題のリストに関する報告が上がっていた。リストには女性乗組員を星の数で評価するものと、それぞれの名前の後に性的なコメントが書き加えられたものがあった。コメントにはやってみたい性行為など攻撃的な性的活動に関するものもあったが、ミリタリー・ドットコムによればレイプについての記載はなかったという。

<対応を渋った艦長は解任>

第10潜水艦群の司令官でカーチャー艦長の上官であるジェフ・ジャブロン少将は、フロリダの事件についてこう報告している。いわく、「『レイプリスト』の噂が乗組員全体に広がり、かなりの数の女性(乗組員)が身の安全に懸念を抱く事態となっている。また、このリストについて知った男性乗組員はいずれも嫌悪感を抱いていた」。またジャブロンはこうも述べた。「(艦長による)対応は控えめなもので、どんな対応が取られたか知る者もほとんどいなかった」

捜査報告書によれば、カーチャー艦長はリストが誰の手に渡り、誰が読んだのかを突き止めるための調査を命じたものの、正式な捜査を始めようとはせず、リストの存在についても上官に報告しなかったという。

カーチャー艦長は就任からたった5カ月後の8月に解任された。指揮官としての能力への信頼が失われたためだとミリタリー・ドットコムは伝えている。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 21:20
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-6・25号
6/18発売

460円(税込)

【特集】米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論
「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事