ここから本文です

草なぎ剛の料理動画は人生をより味わい深いものにしてくれる 「BISTRO SMAP」で培った腕前

5/20(月) 10:08配信

リアルサウンド

 草なぎ剛がYouTubeを始めたのが、2017年秋。スタートした当時、誰がこれほどコンスタントに動画をアップし続けてくれると予想しただろうか。多忙な日々を過ごしながらも、愛犬のクルミちゃんと戯れたり、オリジナルの歌を披露したり、人気YouTuberとコラボしたり、近況報告をしたり……と、様々な動画を更新してきた草なぎ。

 企画については試行錯誤を繰り返してきた印象もあったが、今では人柄の良さがにじみ出る“草なぎならでは”のチャンネルへと成長している。奇をてらった企画よりも、草なぎが楽しんでいるかどうかが、多くの視聴者の心を掴む。そんな軸がハッキリと見えてきた、今日このごろ。早期から再生回数の伸びがいい動画がある。それが、草なぎがいつも自宅で作っている料理を紹介する動画だ。

 ご存知の通り、草なぎは『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)内の人気コーナー「BISTRO SMAP」にて長年、料理を手がけてきた。プロのような腕前を披露してきたことから、もともと料理が得意なように感じる人も少なくないだろう。だが、どんな玄人にも、素人時代はある。

 番組でフードコーディネーターを担当した結城摂子氏は、「料理なんて、ほとんどしたことないコばかりだから、包丁の持ち方もできてないの」と料理ビギナーだったころの彼らを振り返る。(参照:「ビストロ スマップ」料理指導した女性が語るメンバーの素顔)カレーを作るのに4時間もかかっていたこと。調味料をどのくらい入れたらいいのかもわからなかったこと……。そんな番組当初からの成長ぶりを見てきたファンにとっては、現在草なぎがコラボした人気YouTuberのパオパオチャンネルのぶんけいにキャベツの切り方から教えている姿を見るのは、感慨深いものがあるのではないか。

 「料理しない人にとっては、これでも立派な料理だと思うんだよね」とは、『【料理】超絶簡単!つよポン流煮玉子!』内での草なぎの言葉だ。どんなに料理がうまくなったとしても、初めてのころを忘れない。そのスタンスは、国民的スターでありながら決しておごることなく、初心者としてYouTuberたちの輪に入っていった彼の姿そのものだ。また、「忙しいときって料理とかしたくないじゃないでちゅか(噛み気味)」と、初めての先にある、継続して料理をしている人の気持ちにもさり気なく寄り添う。

 「大丈夫! ちょっと少ないけど、大丈夫~!」草なぎの料理動画を見ていると何度となく、「大丈夫」のフレーズが飛び出す。フライパンの蓋がないときには「アルミホイルで、大丈夫!」、調味料が足りなくても「あればいいけど、なくても大丈夫!」、スタッフが材料を揃えすぎたら「全部使っちゃおう、大丈夫」と、細かなことにはこだわらない。そんな、いい意味でのテキトーさが、見ているこちらのキッチリしなきゃという縛りを紐解いてくれる。

 『【簡単で超きれい!】フライパンをトントンしなくてもできるオムレツを作ります!』の動画では、「思い切っていこう、人生! ビビってんじゃない!ビビってんじゃない!」と潔くフライパンに卵を流し込んだと思ったら、まさかのトントンが飛び出す天然っぷりも炸裂。「トントンしないと僕はできませんでしたぁ!」と屈託なく笑う草なぎに、誰も「タイトルと違う!」と目くじらを立てることもない。

 『【料理】チョカタ!超簡単!チーズダッカルビ!』では、野菜を炒める場面で「水と油を混ぜると一気に高温になるのよ、ブォワァって! それで野菜がしんなりするから。僕せっかちだから…水と油っていうでしょ? 水と油は仲が悪いのよ、もう! 油に水注ぐとブァッてなっちゃうわけ! もう、大変だよ。気をつけてください! 僕料理始めたころ知らなかったから、フライパン熱して油の中に水入れてバーンってなっちゃって、大変なときあったよ」と、自らの失敗エピソードも惜しみなく披露していく。

 そうした調理中に、思い出話や草なぎがいつも考えていることがポロリと出てくるのも、料理動画の大きな魅力だ。『【料理】ダシが染み込んだたまねぎがうまい!絶品おでん!』ではタモリの家で食べたおでんの話、そして『【料理】やさしい味わい!超簡単に作れる鶏肉のクリーム煮!』では、「誰も褒めてくれないから、自分で褒めるっていうね。そうなんだよね。褒められるってうれしいですからね。僕は結構褒めて伸びるタイプなんで。この年になると怒ってくれる人が、だんだんいなくなってきますからね。褒める人も怒る人も大事ですから」と、しみじみ語りだすこともある。

 バターを入れればコクが増すけれど「ひと口食べて美味しい」と「10口食べて美味しい」の違いがあること。鮭のムニエルで粉をまぶしながら「包まれたいでしょ? みんな。誰かにね、人間は」と本質的な人とのつながりについて、などふとした純粋なつぶやきにハッとさせられることも少なくない。「食」という命を繋ぐ行為を、肩の力を抜いて楽しむ大事さを教えてくれる草なぎの料理動画は、今晩の献立の参考になるだけでなく、自分の人生をより味わい深いものにしていく上でも、いいスパイスになってくれるのだ。

佐藤結衣

最終更新:5/20(月) 10:08
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事