ここから本文です

注目のロイヤルキッズを網羅! 世界の麗しきプリンス&プリンセス図鑑

5/20(月) 21:00配信

集英社ハピプラニュース

2019年5月6日(現地時間)、イギリス王室のヘンリー王子(34)とメーガン妃(37)の第一子が誕生! 生後2日後に公開されたアーチー(0)の姿は、人々を釘付けに。また、ウィリアム王子(36)とキャサリン妃(37)の長女シャーロット王女(4)が5月2日に、次男ルイ王子(1)が4月23日に誕生日を迎え、ポートレートが立て続けに公開されるなど、さらに世界中から注目を集めるイギリス王室。しかし、世界各国にはまだまだ注目すべき、麗しいプリンス&プリンセスたちがいることをご存じ?

【写真】イケメン過ぎると話題になったニコライ王子ほか、注目すべきロイヤルキッズ35名

そこで今回は、いま注目すべき世界各国のロイヤルキッズを総ざらい。モデルデビュー後、瞬く間にイケメン過ぎると話題になったニコライ王子(19・デンマーク王室)から、次期国王または女王として公務に参加するエリザベート王女(17・ベルギー王室)、ムーレイ・サハン王子(16・モロッコ王室)やレオノール王女(13・スペイン王室)まで、世界中から熱視線が集中する7名をチェック!

【デンマーク王室】ニコライ王子

1999年8月28日生まれ。ヨアキム王子(49)とアレクサンドラ・マンリー元妃(54)を両親に持つ、ニコライ王子(19)。2018年11月に東京で開かれたクリスチャン・ディオールのファッションショーでは、端正な顔立ちで話題を集め、日本でも多くのファンを獲得。

【モロッコ王室】ムーレイ・サハン王子

ムハンマド6世(55)とラーラ・サルマ妃(41)の長男ムーレイ・サハン王子(16)。王位継承第一位。2019年2月25日(現地時間)には、モロッコ外遊に訪れたヘンリー王子とメーガン妃と面会を果たすなど、積極的に公務に参加。

【スペイン王室】レオノール王女

フェリペ6世(51)とレティシア妃(46)を両親に持つ、レオノール王女(13)。2005年10月31日生まれの13歳。次期女王としても知られる。最近では、スペイン1978年憲法の制定40周年の祝賀会で憲法の一部を読み上げたことが記憶に新しい。

【スペイン王室】ソフィア王女

レオノール王女の妹のソフィア王女(12)は、王位継承第二位。2007年4月29日生まれ。姉と同じく美しい容姿の持ち主で、ふたりはスペイン王室のファッションリーダーとしても注目される。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 21:00
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事