ここから本文です

BTS、BLACKPINKらK-POPグループのワールドツアー相次ぐ 欧米での公演が盛り上がる背景

5/20(月) 13:04配信

リアルサウンド

 5月4日、アメリカのロサンゼルス、ローズボウルスタジアムでBTS(防弾少年団)のワールドツアー『BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF'』が幕を開けた。今回のワールドツアーは、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本などを回る大規模なツアーとなり、話題を呼んでいる。

 BTS以外にもBLACKPINK、MONSTA X、NCT127など様々なK-POPグループたちのワールドツアーが相次いでいる。今回は、アメリカを中心としたワールドツアーを行うK-POPグループの海外人気について考察してみたい。

■アメリカのスタジアムを埋めたBTS
 BTSがワールドツアーの最初の場所に選んだのは、アメリカ、ロサンゼルスだ。今までもBTSはこまめにアメリカに渡りコンサートを行ってきたが、今回は規模が全く違う。会場となったローズボウルスタジアムのキャパは約9万人だ。日本の日産スタジアム(約7万人)以上の規模ということになる。このコンサートのチケットは完売し、BTSのアメリカでの人気の高さを見せつけることになった。

 また、イギリスでは有名なウェンブリースタジアムでコンサートを行うことになっている。ウェンブリーもローズボウルと同様、約9万人のキャパを誇る大きなスタジアムだ。しかし、このスタジアムは大きいだけではない。今まで大物アーティストやQueenの映画『ボヘミアン・ラプソディ』でも話題になった『ライヴエイド』コンサートを行ってきた伝説的な場所なのだ。その場所で韓国のアイドルグループが単独でコンサートを行うというのは、とんでもない偉業だと言えるだろう。

 アジアのグループが何万人も入るスタジアムでコンサートを行うこと自体が驚くべきことだが、大規模なワールドツアーというあたりも、現在のBTSの世界的な人気のか高さをうかがわせる。もはや彼らは韓国の1アイドルグループではなく、BTSという1つのジャンルになったのかもしれない。

■なぜ欧米のK-POPファンたちはコンサートで熱狂的なのか
 冒頭でも触れたように、今、BTS以外のK-POPグループたちもこぞってワールドツアーを行っている。もちろん、BTSの人気の流れに乗っている部分もあるかもしれないが、世界中の人々がK-POPグループの魅力を感じているからこそ、様々な国に呼ばれツアーを行うことができるのだろう。遠く離れた日本に届く情報だけで見ていると、欧米では“K-POPブーム”が訪れているように感じるが、本当はどうなのだろうか?

 アメリカに暮らす日本人のK-POPファンに話を聞いたところ、チケットが完売しているコンサートは実際まだ少ないという。以前と比べると若い世代を中心にK-POPのファンは増えているというが、その8割くらいはBTSのファンだという。

 ファンの数はまだまだ日本ほど多くはないものの、コンサートやイベントにおけるファンの盛り上がりは日本にも負けていないという。会場では、コンサート前にファンたちが集まり、K-POPグループの楽曲によるランダムダンスが始まり、知らないファン同士で踊ったりするのだという。“特定のグループのファン”というよりも“K-POPのファン”が多いのが特徴なのだそう。コンサート中も韓国語の楽曲を大合唱し、曲中の掛け声も完璧だというから驚く。

 欧米から見ると、アジアの一国である韓国は遠い国だ。そう簡単に行ける距離ではない。つまり彼らにとって韓国のアイドルを見ることは容易ではないという事情がある。そのため、リアルに見聞きできるコンサートには計り知れない熱い想いで挑んでいるのだろう。国民性の違いも多少あるかもしれないが、なかなか見られない、会えない“憧れのアイドル”という希少性もあり、熱狂的に盛り上がるのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 13:04
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事