ここから本文です

体質を知ることでダイエットの効率もアップ! 遺伝子タイプ別・食べ痩せ術をレクチャー

5/20(月) 22:40配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」6月号では、食べ痩せが叶う「血糖値コントロール」をご紹介。今回は、やってみたけどそれでも痩せない……という方に、遺伝子タイプ別の食べ痩せ法を伝授!

簡単&効率 最新ダイエット術をもっと見る

番外編・自分を知って痩せやすく…
【遺伝子タイプで食べ痩せ】
体質を知ることでダイエットの効率もアップ。遺伝子検査というサイエンスで、自分の道しるべが見つかるはず。

★お話を伺ったのは…
ディーエイチシー 根岸智史さん
理学博士。遺伝子検査に開発当初から携わり、長年遺伝子に関する研究を続けている。

Q.遺伝子からダイエットの何がわかるの?
A.なりやすい肥満のタイプがわかる
「肥満の要因は、食事や生活習慣などの“環境要因”と、生まれ持った“遺伝的要因”のふたつ。遺伝子の中でも特に肥満と関与の深い3つの遺伝子を調べることで、なりやすい肥満タイプが明らかになります」(根岸さん、以下同)

Q.検査って難しい?
A.綿棒で口内の粘膜を取るだけでOK
「たとえばDHCの場合、申込同意書に記入し、付属の綿棒で口の中をこすって粘膜を取って返送するだけでOK。結果は3週間以内に郵送されます」

結果と一緒に、タイプごとの食事や運動、サプリメントに関するアドバイスシートも届く。DHCの遺伝子検査 ダイエット対策キット ¥5000/DHC

Q.遺伝子のタイプは一生変わらない?
A.一生変わることはありません
「親から引き継ぎ、生まれ持った体質なので一生変わりません。だからこそ、自分のタイプに合ったダイエット法を知らないと、効果が出ないことが多いのです」

Q.どんなタイプがあるの?
A.おおまかに4タイプ
「ベースとなるのは『りんご型』『洋なし型』『バナナ型』『アダム・イヴ型』の4種類。さらに遺伝子の組み合わせによって54パターンにまで細分化されます」

Q.りんご型 の特徴って?
A.脂肪を分解するのが苦手
□内臓脂肪がつきやすいため、お腹周りから太りやすい
□炭水化物好き、甘いものが止められない
□空腹になるとイライラしやすい
□3食しっかり食べないと気が済まない
□子供の頃からぽっちゃりしていた人も

Q.アダム・イヴ型 の特徴は?
A.遺伝子より生活習慣が原因
「日本女性の4%で、遺伝的要因よりも生活習慣に基づく要因が原因で太ると考えられます。生活習慣を工夫することで効果が出やすいタイプともいえますね」

Q.洋なし型 はどんなタイプ?
A.日本人に多い皮下脂肪型
□下半身から太りやすい
□こってり系おかずが好き
□ストレスで過食に
□お酒が強い
□体温が低め

Q.バナナ型 って?
A.一度太ると痩せにくい
□手足が長くてほっそり
□筋肉がつきにくいので肉質が柔らかい
□生魚や野菜などあっさりしたものが好き
□朝食を抜くことが多い
□胃腸が弱い

1/3ページ

最終更新:5/20(月) 22:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事