ここから本文です

米国不動産「リノベ転売事業」…経済的リターンの最新事情は?

5/20(月) 9:00配信 有料

幻冬舎ゴールドオンライン

12四半期連続の増加を見せる「リノベ転売取引比率」

幻冬舎ゴールドオンライン

米国不動産市場の「中古住宅売買」において、「戸建てリノベ転売取引比率」は増加傾向にあり、リーマン危機前と同水準にまで回復する勢いを見せています。特に、南部や南西部での転売比率が高くなっている一方で、「経済的リターン」の割合は、その地域性と比例していない現状があります。このような流れに関連してくる数値が、転売される米国住宅の「築年数」です。本記事では、コアロジック社のデータをもとに、「リノベ転売事業」の推移や、今後リターンの期待できる地域・物件について考察します。 本文:2,561文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込32
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

小川 謙治

最終更新:5/20(月) 9:00
幻冬舎ゴールドオンライン

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る