ここから本文です

エミリア・クラーク、『ゲーム・オブ・スローンズ』別れの挨拶を投稿

5/20(月) 17:15配信

Rolling Stone Japan

『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン・ファイナルを目前に、エミリア・クラークは自身が演じたキャラクター、共演者、番組のファンに別れの言葉を書いた。デナリース・ターガリエンを演じる女優エミリア・クラークは、「そして今、私たちの“ウォッチ”は終わった」と投稿した。

写真2点:エミリア・クラーク、『ゲーム・オブ・スローンズ』別れの挨拶を投稿

現地時間5月19日夜に放送された『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン・ファイナルを前に、女優エミリア・クラークは自身が演じたキャラクターのデナリース・ターガリエン、共演者、番組のファンに対して別れの言葉を投稿した。

「この投稿を書くための言葉を探す作業を通して、伝えたい思いの強さに自分で驚きつつ、この番組とダニーがどれだけ大きな存在だったかを表す言葉が見つからないことに圧倒された」と、クラークはInstagramに書き込んだ。

彼女の投稿はこう続く。「ドラゴンの母としてのこの章が私の人生のすべてを占めてしまった。この女性が私の心のすべてを占めてしまった。ドラゴンが吹き出す炎で汗まみれになり、去ってしまった家族のために涙を流し、カリーシでいるために、正義という自分に与えられた堂々とした言動(と名前)を実現するために、脳が干からびて一滴のアイデアも出てこないほど頑張った」。

また、クラークはこの投稿で『ゲーム・オブ・スローンズ』の舞台裏を撮影した数枚の写真と衣装を脱いだ出演者たちの集合写真も公開した。

「『ゲーム・オブ・スローンズ』は私を女性として、役者として、人間として成長させてくれた。願わくば、大好きなお父さんがここにいて、私たちが天高く飛び上がった姿を見てほしかった」と、クラークは書き続け、彼女の投稿は次の文章で締められている。

「でも、魔法と思えるほど素敵で愛しいファンのみんなが、ずっと番組を欠かさず見続けてくれたこと、そして私が夢が詰まったプラチナのかつらを被る前から多くの人々の心の中で息づいていた素敵なキャラクターを私に演じさせてくれたことに、たくさんのありがとうを伝えたい。あなたたちがいなければ私たちも存在しない。そして今、私たちの“ウォッチ”は終わった」

Translated by Miki Nakayama

DANIEL KREPS

最終更新:5/20(月) 17:15
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事