ここから本文です

【横浜】「プロになって、一番完璧かも」遠藤渓太が明かす絶妙アシストの舞台裏

5/20(月) 11:34配信

SOCCER DIGEST Web

「意図的にやったことだし、思い通りにできた」

 迷いなく、颯爽と、左サイドを駆け上がった。
 
 4-1で完勝を収めた神戸との一戦で、31分に丁寧なショートパスでマルコス・ジュニオールの先制点をアシストした遠藤渓太は、67分にもチーム2点目をお膳立てした。
 
 タッチライン際でスタンバイし、そこにティーラトンから浮き球のパスが届くと、巧みなトラップで前に持ち出す。対応に遅れて、後ろから追いすがる神戸の大﨑玲央を振り切るように加速し、さらに猛然と寄せてきたダンクレーも軽やかにかわしてみせる。

【横浜FM 4-1 神戸 PHOTO】流れるようなパスワークで4発快勝!にっこり笑顔を見せた横浜の選手たち!!

「(ティーラトンからの)パスに大﨑選手が食いついてきて、これはワンタッチで抜けると思って、まずはそこで外して。たぶん、スピード勝負になれば自分のほうに分があるなと、スタートの時点で考えました。
 
 意識したのは、どう持ち出すか。外した後、追いつかれないように。そうしたら、ダンクレー選手が突進するかのように来たので、そこは縦にスッと行く感じで」
 
 果敢な仕掛けが持ち味の遠藤らしい突破だったが、「自分的に良くできたなって」と振り返るのは、スコアラーの李忠成へのラストパスだった。
 
「(ニアゾーンに入ってから)ひとつタメを作ることができて、それによって中でブロックしようとしていたDFの選手は、タイミングがズレたはず。もちろんそれは意図的にやったことだし、思い通りにできました」
 
 ドリブルの勢いそのままで中に折り返せば、撥ね返されると思った。そこで一瞬、動きを止めて、「中がどう動くか」を確認。「そうしたら、チュン君(李)が動き直してくれた」。あとはフリーになった李に、正確なパスを届けるだけだった。
 
「プロになって、一番完璧だったかもしれない」
 
 自画自賛する絶妙アシストを決めた遠藤は、終了間際には鋭いカットインから強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくも枠を捉えず。スタンドがどよめいた一発を「弾道は良かったんだけど……惜しいなぁ、惜しかったなぁ」と悔しがったが、その表情はどこか充実していた。
 
 待望の今季初ゴールはまたもお預けとなったが、コンディションはすこぶる良さそうだ。歓喜の瞬間は、そう遠くないはずだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:5/20(月) 12:42
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事