ここから本文です

「クラブ以上の存在? まず“ボール”に愛情を注がなければ…」バルサ番記者がクラブの現状に苦言【現地発】

5/20(月) 19:50配信

SOCCER DIGEST Web

サッカークラブは一般の企業では…。

 リバプール戦の敗戦から数日が経過したが、依然としてバルセロニスモはチャンピオンズ・リーグ(CL)敗退のショックから立ち直れずにいる。コパ・デル・レイ(相手はバレンシア)の決勝を5月25日に控えているが、なかなか再び戦闘モードに入ることができないのが現状だ。

【写真】美しくて可愛い!ワールドスターの「美女パートナー」たち

 CLでの決勝トーナメントにおけるアウェーゲームへの極端な苦手意識、専門家の間でもっとも戦いづらい対戦相手だと目されていたリバプールのサッカーとの相性もあり、昨シーズンのローマ戦と同様に、バルセロナは第2レグで大逆転負け(0-4)を喫して大会から姿を消した。

 2試合を通じて接戦を演じた末にディテールの差で敗れたのであればまだ救いはあったろうが、無残な負け方がダメージの増幅に拍車をかけている。

 今シーズンのCLはリオネル・メッシの大会になる雰囲気を漂わせていた。2ゴールを挙げたリバプール戦の第1レグでの活躍に象徴されるように、開幕前にファンの前でビッグイヤー奪還を宣言した新カピタンは、これまでにも増して高いモチベーションでチームを牽引し続けてきた。

 その姿はクラブ史上2度目の欧州制覇の原動力となった05-06シーズンのロナウジーニョと重なるところがあり、エルネスト・バルベルデ監督率いるチームも同様にエースの活躍に引っ張られてこのまま優勝へのロードを突き進むと期待されていた。

 しかしメッシの力を持ってしても、バルサはタイトルに手が届かなかった。

 重要なのは、この敗戦から何を学ぶかである。とりわけ、メッシに全てを任せていれば、何とかなると考えていた経営陣は猛省が必要だ。

 熱意や情熱を持って仕事に取り組むことは、どんな世界においても成功を収めるうえで不可欠だ。とりわけサッカーでは、そうしたエネルギッシュさ(ハードワーク)が高いレベルで要求される。フロントと現場が一枚岩になって理念を共有しながら、それぞれに課されたミッションに尽力することがそのクラブで働く全ての人間の務めである。

 サッカークラブは一般の企業ではない。数字だけを追いかけてマネジメントしていれば、組織として機能するということでは決してないのだ。
 

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 19:50
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事