ここから本文です

セリエAの上下格差が生んだ「中間層」の光と影【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

5/20(月) 22:24配信 有料

SOCCER DIGEST Web

中間層を抜け出たアタランタ歴史に残る偉業達成も視野に

ここまでリーグ最多ゴールを挙げているアタランタ。クラブ史上初のCL行きが、現実味を帯びている。(C)Getty Images

 上下の格差が開いた今シーズンのセリエAは、欧州カップ戦出場権を争う「中間層」がかつてないほど広い。その中でも躍進したアタランタやトリノが光に彩られる一方、期待を裏切るミランやローマ勢には影が忍び寄る。(文:マウリツィオ・クロゼッティ・訳:片野道郎 2019年5月16日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イタリア』を転載)

―――◆―――◆―――

 これほど上下の格差が開いたシーズンは、セリエAの歴史でも稀だろう。開幕から独走したユベントスは真冬にはもうスクデットを確実にし、5試合を残して8連覇を達成した。一方、不正会計のペナルティーで勝点マイナス3からスタートした最下位キエーボは、6試合を残してセリエB降格が決定。残り3節の時点で、両チームの勝点差は実に「74」まで開いているのだ。

 頂点と底辺の間隔がこれだけ大きく開けば、その間の中間層も広く 本文:4,561文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:5/20(月) 22:24
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る