ここから本文です

井上尚弥のKO街道は「もう誰も止められないでしょ」 V10王者・長谷川穂積氏も唖然

5/20(月) 8:13配信

THE ANSWER

現地で観戦した元同級王者・長谷川氏は「いや~……強い」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下し、決勝へ進んだ。あまりの強さに元WBC世界バンタム級王者・長谷川穂積氏も絶句した。

【動画】日本が、世界が衝撃! ロドリゲスは膝を突き、顔面蒼白で戦意喪失…2回KO勝ちした井上の“鮮烈ダウン”の実際の瞬間

 2回にロドリゲスを3度倒した井上。まさにモンスターと言える圧巻の内容に、テレビの解説で現地で観戦した長谷川氏も「いや~……なんでしょうね、強いですよね。それしか出ないじゃないですか」と素直な驚きを口にした。

 バンタム級で10度王座を防衛。3階級制覇を成し遂げた、ボクシング史上屈指の名王者も脱帽だった。

「いや~、攻略のしようが分からないですよね、尚弥を。次はドネアですけど、早く終わらない方がいいなと思う。ゆっくり見ていたいなと思う。今日の1番はここ数年では1番なんか緊迫した。僕が解説させてもらった中では1番と言っていいくらい。こう、解説しながらドキドキした試合でした」

 多くの強豪と拳を交えてきたからこそ、わかる井上の突出した強さ。ロドリゲスを称えつつも、「これは長引くんじゃないかなと思った時のあれ(KO)なんで、ちょっと強いですね。はい、それしかないですね」と舌を巻いた。

 これで世界戦8連続KO。長谷川氏も早いラウンドでの6連続KOを記録したことがあるが、井上の今後にも大きな期待をかけている。「どこまで行くのか楽しみにしてます。15試合連続くらいいってもおかしくない、この勢いやったら。もう誰も止めることできないでしょ」とKO街道をひた走ることを予告した。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:38
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事