ここから本文です

井上尚弥、戦慄の瞬間に撮られていた“無慈悲写真”に本人驚き「このアングル斬新だ」

5/20(月) 14:03配信

THE ANSWER

分かれたロドリゲスとの明と暗、WBSSが「象徴的」と公開した1枚に本人も反応

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。衝撃のKOシーンは世界のファンを驚かせたが、大会公式ツイッターがなんとも印象的な写真を公開し、話題を集めている。井上がガッツポーズを決め、ロドリゲスがキャンバスに沈んだ“明と暗”の象徴的瞬間を会場の天井から激写。井上本人も「このアングル斬新だ」と驚き、反応している。

【画像】「このアングル斬新だ」と本人驚き! 天井から撮られたリングに映るのは…WBSSが公開した井上の“無慈悲写真”の実物

 1枚の写真に井上の残酷なまでの強さが凝縮されていた。WBSS公式ツイッターが公開したのは、印象的なシーンだった。

 会場の天井からリングを捉え、正方形の周りに多くのカメラマン、関係者が埋め尽くす中、黒のキャンバス中央左で右拳を挙げる井上。その右側、大会ロゴ付近でロドリゲスが力なく膝を突き、うなだれている。圧倒した井上と圧倒されたロドリゲス。両者の明と暗が如実に浮かび上がる。井上が259秒KOを演じた2回に2度目のダウンを奪ったシーンだった。

 この場面でロドリゲスは鼻から血を流し、呆然自失の表情でコーナーに向かって首を振った。投稿では「象徴的」と公開。静止画であっても井上の強さが見て取れる写真に井上自身も反応した。インスタグラムに引用し、「このアングル斬新だ、、」と一言。実際にリングで戦った自分であっても、世界を沸かせた一瞬を切り取った1枚は格別だったようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:38
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事