ここから本文です

アンジュルム、1年前に掲げた目標は達成できた?【ハロプロ誕生20周年記念連載】

5/20(月) 19:00配信

ザテレビジョン

2018年に誕生から20周年を迎えたハロー!プロジェクトをお祝いする記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。今回は、ハロプロ全メンバーにお答えいただいた、20問20答の答え合わせ! 1年半前に聞いた「20周年を終えた一年後にできるようになっていたいことは?(Q16)」という質問について、できているのか和田彩花、中西香菜、竹内朱莉、勝田里奈、室田瑞希、佐々木莉佳子、上國料萌衣、笠原桃奈、船木結、川村文乃に聞いてみました!

【写真を見る】中西香菜(なかにし・かな)=1997年6月4日生まれ、21歳。大阪府出身

■ 和田彩花「本業は歌って踊ることだから、そこに対してのクオリティは常に上げていきたい。カッコいいとかかわいいとか、そういう部分ではない表現力をつけたいです」

永遠の課題で追い求め続けたいことなので、達成はできていないと思います。ですが、何をテーマに表現したいかのテーマとなる部分が、この一年で明確になりました!

■ 中西香菜「英語! 海外の映画が好きで、日本語の吹き替えとか字幕がないと見れないんです。英語を喋れるようになりたいです」

最近、本格的に始めたばかりなので、まだ達成できていません。アンジュルムは海外公演も決まっているので、少しでも上達できればいいなと思います! でも、英語が得意なお姉ちゃんと英語で会話ができるようになりました♪

■ 竹内朱莉「アンジュルムは卒業と加入を繰り返してきたので、一年後のことがまったくわからない。もしかしたらさらにメンバーが増えて新体制になっているかもしれないドキドキ感がある。そんな状態でも“今がいいね”と言ってもらえるグループでありたいです」

継続中かな? 2人の新メンバーが入ってきたばかりなので、「これが今のアンジュルムです」って自信満々にお見せできるかと言ったらちょっと違うなと。でも、今のホールツアーをやっている間に2人もきっと成長すると思うので、最終日あたりにはいいものが作れているんじゃないかなって!

■ 勝田里奈「普通免許を取っていたいです。私は小さいころからトミカで育ったくらい、クルマが大好きなんです。外車に乗りたいですね(笑)」

残念ながら達成できていません。短大に通っていたので、忙しかったからというのを理由付けとして(笑)。ですが、今からでもすぐに取りたいし、何の車がいいかなぁ~と軽くチェックしていたりします。BMWは死ぬまでに絶対乗りたいなって。X5が目標なんですけど、まずは一周り小さめのから乗れればなって。

■ 室田瑞希「トークをまとめられるようになりたいです。みんなのまとめ役になりたい!」いやー真逆になりました。かき乱す方になっちゃいました! 竹内朱莉さんとか、まとめ役はいっぱいいるので(笑)。気がついたら違う道に進んでいましたね。(隣にいた竹内さん談:ふざける機会が多いですね。ふざけてくれるので私的には助かるんですけど、ただまとめるのはこの先何年かは無理ですね)

■ 佐々木莉佳子「腹筋が割れていたらいいなって。ムキムキまではいかなくても、ある程度パキっと体が締まっていた方がいいと思うので」

腹筋割れていません! すみません。別の目標ができて完全に忘れていました(笑)。ですが、筋肉はパフォーマンスをすることにおいて大切なものだなと常に感じてはいるので、ある程度はつけたいんです。だけど、今は諦めモードです! 無理矢理ではなくやろう!と思ったときにできればいいなと思います。

■ 上國料萌衣「今年の夏に『ROCK IN JAPAN FES.2017』に参加して、ほかのアーティストを見て刺激を受けたので、今よりも大きなステージに立ちたいです!

達成はできなかったけど、2年連続でフェスに出演させていただいたり、日本武道館公演も行うことができたので、この目標は継続中です! その頃の“今”より大きいステージに立つことはできなかったけど、“今”と同じステージには立てているので、まだまだ諦めずに頑張りたいと思います。

■ 笠原桃奈「生活リズムをよくしたい。夜更かしをしがちで、寝不足で1日ボーっとしちゃうこともあるんです。生活リズムをちゃんと整えていたいです」

「生活リズムに関しては、日々疲れているってことは前よりもなくなりました。だけど、睡眠時間はバラバラのまま(笑)。でも。自分の体調によって睡眠時間を短くしたり長くしたりしていて、カラダに合わせた睡眠がとれるようになったから疲れもとれてきたのかなって。達成度は85%! 疲れはとれたけど、やっぱり睡眠時間がバラバラなのはよくないかなと思うので」

■ 船木結「ももち先輩の卒業ライブで野外ライブをやったら野外ライブがすごい楽しかったので、アンジュルムでも外でライブをやってみたい!」

単独での野外ライブは達成できていませんが、この1年間でフェスにもたくさん出させていただき、室内のライブとの違いも勉強させていただきました。いつか単独でもできたらいいなと思います。そして、一年経ってパフォーマンスなどについての目標も増えたので、その目標に近づけるように今後も意識してパフォーマンスしたいなと思います!

■ 川村文乃「アンジュルムに必要とされる人になりたいです。アンジュルムっていろんな分野で活躍している人が多いので、私もそのジャンルを見つけてお仕事につながっていったらいいなと」

達成できている部分もありますが、まだまだです。100%中2%くらいは達成できているかなって。これから必要とされる人になれるように自分を分析てし目標を立て、達成できるように頑張ります!

(ザテレビジョン)

最終更新:5/20(月) 19:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事