ここから本文です

ベンフィカOB、優勝を祝う“珍パフォーマンス”に海外驚嘆 「よそじゃあり得ない」

5/20(月) 6:40配信

Football ZONE web

ベンフィカOBの元ポルトガル代表DFエリゼウ氏がスクーターにまたがって登場

 ポルトガル1部ベンフィカは現地時間18日、ホームでサンタ・クララと対戦し、4-1で勝利を収めた。この結果、2シーズンぶり37回目のリーグ制覇を決めたが、試合後にクラブOBが行った型破りの“祝福”が反響を呼んでいる。

【動画】「特殊なセレブレーションを再現」 ベンフィカOBエリゼウ氏、スクーターにまたがってパーティー会場に登場

 最終節を控え、ベンフィカは2位ポルトに勝ち点差「2」で首位をキープしていた。勝てば優勝という一戦で前半に3得点を奪い、後半11分にも加点。同14分に1点を返されるも、危なげなく勝利を収めて優勝を決めている。

 試合後にはリスボン市内でパレードを行い、サポーターとともに優勝を祝福。深夜にもかかわらず大盛り上がりを見せるなか、“パーティー会場”にベンフィカカラーの赤に染め上げられた1台のスクーターが登場した。スクーターにまたがるのは、昨季限りでクラブを離れた元ポルトガル代表DFエリゼウ氏。1年前まで共闘していたブラジル代表FWジョナスとともに会場を大いに盛り上げた。

 ベンフィカの公式ツイッターは「今夜の2人組」「チャンピオン、王座奪還」というコメントを添え、エリゼウ氏が“乱入”する様子を動画で公開。返信欄には「これぞベンフィカだ」「よそじゃあり得ない」「エリゼウ、戻ってきて」などとファンからの反響が寄せられている。

 実はエリゼウ氏の“スクーターパフォーマンス”はこれが初めてではなく、2年前の優勝時には現役選手ながらスクーターを乗り回して喜びを表現していた。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」スペイン語版は「1年前にクラブを離れたエリゼウは、特殊なセレブレーションを再現するために舞い戻った」と表現し、微笑ましい光景を伝えている。

 大勝に優勝決定、試合後にはOBによる粋なサプライズまで、まさにフルコースの1日。ベンフィカにとって、これ以上ないシーズンの締めくくりとなった。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/20(月) 6:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事