ここから本文です

ベイルの去就に元英代表FWが言及 「スペインで最後まで戦い抜く決意をしている」

5/20(月) 8:30配信

Football ZONE web

「なんとかチームに残りたいと望んでいる」 同じ代理人を持つクラウチが証言

 バーンリーの元イングランド代表FWピーター・クラウチは、レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルと同じ代理人を持つ。英紙「デイリー・ミラー」の取材に応じたクラウチは、そのことから退団が噂されるベイルに対してコメント。「スペインで最後までやる決意をしている」との見解を示す一方で、「トットナムに戻ってきて彼がどれだけ優れた選手か、みんなに思い出させてほしい」と主張している。

 今季のベイルは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスへ移籍したことで、エースとしての活躍を求められていた。しかし、リーグ戦29試合に出場して8得点、すべての公式戦を含めても42試合14得点と、期待されたような成績を残すことができなかった。しかも、シーズン途中にジネディーヌ・ジダン監督が復職したことで冷遇され、来季の構想外が伝えられたとも言われている。

 そういった状況に対して、クラウチは代理人が同じことを前提として挙げたうえで、「私が知る限りでは、彼はスペインで最後まで戦い抜く決意をしている」と、ベイルの心境を代弁するようなコメントを残している。続けて「彼はスペインでの生活に満足で、なんとかチームに残りたいと望んでいる」と、ベイルがレアルに残る意思を示していることを明かした。

 しかし、クラウチ本人の考えは違うようで、常にベイルのプレーを見たいと望んでいる。

「来季も定期的に使われないようなら、トットナムに戻った彼を見てみたい。1000万ポンド(約14億円)でレンタル移籍が提案されたというニュースを今週の頭に見た。私はダニエル・レヴィ会長がどのように運営したいか知っている。それは確実に彼が望む種類の取引ではないだろう。しかしながら、それは大いに納得できるもの。ハリー・ケインと並んだ彼が見せる焼け付くようなスピードを想像できるかい? そのために多くのお金が支払われるのも当然だ」

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 8:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事