ここから本文です

北京国安監督、リーグ戦で主力温存の浦和に不敵な笑み 「バルサは同じことをやって負けた」

5/20(月) 19:39配信

Football ZONE web

シュミット監督は主力を2人欠く状況にも「面白い試合になる」と自信

 北京国安(中国)のロジャー・シュミット監督は、21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終節・浦和レッズ戦の前日記者会見に出席。直近の試合で主力を温存した浦和についての質問に対し、「バルセロナは同じことをやって0-4で負けた」と不敵な笑みを浮かべた。

【一覧】AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループG 組み合わせ

 全北現代(韓国)がすでに勝ち点12で1位通過を決めているグループGでは、浦和と北京が熾烈な2位争いを繰り広げている。3月の初戦は北京国安のホームで0-0と引き分け、勝ち点7で並ぶ両者の戦いは勝者が2位通過を確定させる。一方、引き分けた場合は0-0ならグループ全体の得失点差により浦和が突破、1-1以上なら直接対決のアウェーゴール数の差で北京国安が突破という状況にある。

 ブンデスリーガのレバークーゼンでも長らく指揮を執ったドイツ人指揮官は、「特別な局面になっている試合だと思います」とコメント。そして、グループステージ突破への自信をうかがわせた。

「まず浦和にはホームというアドバンテージがあるので、我々にとっては難しい試合になる。しかし、我々はここまで何週間もの試合で多くのチャンスを作っていろいろなゴールを決めているし、守備的にも良いパフォーマンスができている。面白い試合になると思っている。必ずゴールを奪って勝利に結びつけたい」

 一方で、先週末の国内リーグ戦で負傷した10番のチャン・シーチェについては「彼は筋肉の問題があり、日本に来られなかった」と欠場を明言。さらに、左サイドバックのレギュラーである中国代表DFリー・レイは出場停止と、2人の主力を欠く。逆に浦和は17日のJ1第12節・湘南ベルマーレ戦では大幅なターンオーバーを敢行して主力を多く休ませた。

「CLではバルセロナはリバプールに負けた。すべての答えは明日の結果になる」

 そのことについて問われたシュミット監督は、「非常に明日の試合を重要視していると感じる」と話す。一方で、先日行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝のリバプール対バルセロナの第2戦を引き合いに出した。

「しかし、これが良いことになるかは分からない。ヨーロッパのCLでは、同じようなことをしてバルセロナはリバプールに0-4で負けた。すべての答えは明日の結果になる」

 シュミット監督の話した通り、バルセロナは直近のリーグ戦となるセルタ戦で主力を完全に温存してCLに備えた。一方のリバプールは同様の状況でニューカッスル戦に主力も出場させ、エジプト代表FWモハメド・サラーが負傷してバルセロナ戦を欠場という状況に陥りながらも世紀の逆転劇を演じた。そうした事例を持ち出し、浦和の温存策に対して不敵な笑みを浮かべている。

 浦和戦に対してシュミット監督は「我々にとって明日は決勝戦のつもりで戦いたい」と決意を示した。ACLでの生き残りをかけた文字通りの決戦は、どのような結末を迎えるだろうか。

轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada

最終更新:5/20(月) 19:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事