ここから本文です

<いだてん>箱根駅伝最終走者からの「金栗さんが厳しかった」のつぶやきに中村勘九郎「そんなことないけどなぁ~」

5/20(月) 20:19配信

ザテレビジョン

5月19日に、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の出演者によるトークイベントが佐賀・鹿島市にて行われた。

【写真を見る】真剣な表情で参拝する3人!しかし古舘寛治はアメリカ帰りの姿で登場…

同日に放送された第19回「箱根駅伝」では、主人公・金栗四三(中村勘九郎)が、第1回箱根駅伝の運営に奮闘する姿が描かれた。

そんな中、イベントに登壇したのは勘九郎と、東京高師範徒歩部部長・可児徳役の古舘寛治、そして、東京高師の「箱根駅伝」での最終走者・茂木善作役の久保勝史。3人は、箱根駅伝常連校が合宿時に毎年参拝する祐徳稲荷神社の参集殿に集い、収録の裏側を語り合った。

■ 勘九郎は目を輝かせ、古舘ははぐらかす

3人はトークショー当日、祐徳稲荷神社の本殿でお神楽付きのご祈祷を受けたという。

そんな真面目な前置きもありつつ、古舘はサングラスをかけてアメリカ帰り仕様の姿で登場し、観客の笑いを誘った。

放送された第19回では、感動的な箱根駅伝のシーンが。勘九郎は、「毎年の箱根駅伝は母校の東洋大学が強いので、応援できるから楽しくてしかたがない!」と目をキラキラさせて語る。

一方で古舘は、「何となく頑張ってるなぁ~と思って見ていましたけど」とはぐらかしていた。

■ 金栗さんが他のランナーより厳しかった

歴史上の可児徳と茂木は、徒歩部の部員と顧問として密接な関係にあったようだが、演じている古舘と久保はほとんど接点がないという。上下関係について話が及ぶも、古舘は「(久保を)よく存じ上げないんですよね」と笑う。

3人が関わっているのは、四三、茂木と同じ東京高師の野口源三郎(永山絢斗)。19日放送の回では、酒を飲んだ状態で大日本体育協会の会議に参加し、嘉納(役所広司)らに「酒臭いんだよ!」と言われたシーンが話題になった人物だ。

古舘は、永山演じる野口の印象を「かっこいいので、可児さんにタメ口をきき始めても、納得しちゃうんですよね」と話す。

野口同様、3人と関わりが深い永井道明(杉本哲太)については、勘九郎が「日本人の体格特性を真剣に考えていた人」と言い、続けて「この後かなり永井さんにグッと来るシーンがありますから!」と今後への期待をあおった。

久保は、箱根駅伝の東京高師ラストランナーとして走るシーンについて、「金栗さんが他のランナーより厳しかった」ぽつり。それを受けた勘九郎は「え~そんなことないけどなぁ~」ととぼけた振りをしていた。

テンポ良く会話をかわしていた3人。最後には、勘九郎が「駅伝や陸上に励んでいるみなさんに、頑張って欲しい!」とエールを送り、締めくくった。

終了後、3人は箱根駅伝合宿の聖地でのトークショーだからこそ、東京高師のメンバーで集まれて、縁を感じられてうれしかったと口々に感想を語った。 (ザテレビジョン)

最終更新:5/20(月) 20:19
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事