ここから本文です

30~40代の中年層がベンチャーへ ミドル起業家がはやる理由

5/20(月) 10:00配信 有料

週刊ダイヤモンド

「建設というレガシー産業を、スケール感のあるベンチャーの力で再定義します」 我妻陽一(助太刀 社長・CEO) Photo by A.Y.

今、30~40代の中年層によるベンチャー起業が流行している。テクノロジーがレガシー産業にも浸透してくる中で、ミドル層が持つ社会人スキルと業界経験が必要とされているからだ。 我妻陽一氏はその日、同級生との卒業パーティーに興じていた。ところが、「乾杯!」と言った瞬間から、携帯電話が鳴りやむことはなかった。 本文:2,548文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

--週刊ダイヤモンド編集部--

最終更新:5/20(月) 10:00
週刊ダイヤモンド

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る