ここから本文です

長友佑都「子供を抱いて入場することは夢だった」。トルコでの連覇に喜び

5/20(月) 12:11配信

フットボールチャンネル

 トルコ1部リーグ第33節のガラタサライ対バシェクシェヒル戦が現地時間19日に行われ、2-1の勝利を収めたガラタサライが今季のリーグ優勝を決めた。ガラタサライの日本代表DF長友佑都もSNSで喜びを表している。

【動画】長友佑都が世界レベルで通用する理由

 1位と2位の直接対決に勝利すれば優勝が決定する大一番に、長友は左サイドバックで先発フル出場。1点ビハインドの後半開始直後には同点ゴールに繋がるCKを獲得するなど勝利に貢献した。

 長友にとっても昨季に続いてトルコで2年連続となるリーグ優勝。試合後には1歳の長男とともにピッチ上で撮影した写真をツイッターで投稿し、「子供を抱いて入場することは夢だった」と思いを綴った。

「いつか自分の仕事が理解できるようになったら話そう。話がっつり盛ってね。笑 まだまだ頑張らないと。またここから始まる」と長友は続けている。

 インテルでの2011年コッパ・イタリア優勝と、ガラタサライでの昨季リーグ優勝、今季カップ戦優勝に続いて長友は欧州で4つ目のタイトル獲得となった。この優勝によりガラタサライは来季チャンピオンズリーグのグループステージからの出場権も獲得している。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/20(月) 12:11
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事