ここから本文です

メッシ、6回目のリーガ得点王は歴代最多タイ。“欧州得点王”も濃厚に

5/20(月) 12:52配信

フットボールチャンネル

 リーガエスパニョーラ最終節のエイバル対バルセロナ戦が現地時間19日に行われ、すでに優勝を決めていたバルサは2-2のドローでシーズンを終えた。2得点を挙げたFWリオネル・メッシは今季のリーガ得点王に輝いている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 メッシは今季のリーガを34試合出場36得点の成績で終了。1試合平均1得点を超えたシーズンは自身5回目となった。得点ランクでは2位のカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)およびルイス・スアレス(バルサ)に15点の大差をつけての得点王となった。

 メッシのピチーチ賞(リーガ得点王)受賞は3年連続6回目となる。3年連続は自身初であり、1980年代にレアル・マドリーで4年連続得点王となったウーゴ・サンチェス氏以来31年ぶりのことだ。

 通算6回目の得点王は、1940年代から50年代にかけて活躍したテルモ・サーラ氏に並ぶ歴代最多タイ記録となる。5回で並んでいたアルフレッド・ディ・ステファノ氏とキニ氏を上回った。

 また、メッシは“欧州得点王”に贈られるゴールデンシューの3年連続獲得も濃厚な状況となった。リーグアン最終節を残すパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペには4ゴールの差をつけている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/20(月) 12:52
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事