ここから本文です

グウィネス・パルトロウの「グープ」が六本木に “ヘルスコンシャス”な彼女が掲げる3つの掟

5/20(月) 12:00配信

WWD JAPAN.com

米女優のグウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)が手掛けるライフスタイルブランド「グープ(GOOP)」は5月26日まで六本木の東京ミッドタウンにあるミッドタウン・ガーデンでポップアップショップ「グープ トウキョウ ポップアップ&カフェ(goop TOKYO pop-up & cafe)」をオープンしている。オリジナルのウエアや化粧品の販売に加え、世界初の「グープ カフェ」も併設し、グルテンフリーやビーガンのメニューを多くそろえている。

【画像】グウィネス・パルトロウの「グープ」が六本木に “ヘルスコンシャス”な彼女が掲げる3つの掟

「グープ」はグウィネスが2008年に立ち上げたブログから始まり、食やビューティ、ウエルネスなどライフスタイル全般のコンテンツを発信している。“ヘルスコンシャス”として知られるグウィネスならではのヘルシーなレシピや健康に関する記事が話題を集め、現在ニュースレターの購読者は世界で9000万人いる。16年にオーガニックのスキンケアラインを立ち上げ、現在はオリジナルアパレルブランドである「G.レーベル(G.LABEL)」や「G.スポーツ(G.SPORT)」のほか、ホームウエアやヨガウエアなど幅広い用途のアイテムを取り扱う。18年の売り上げは前年の2倍以上とブランドも大きく成長し、旗艦店はロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、モンテシートに計4店を構え、ポップアップは過去20カ所以上で行ってきた。

今回のポップアップで日本初上陸を果たした「グープ」について、来日したグウィネスにインタビューをした。

WWD:「グープ」を立ち上げた理由は?

グウィネス・パルトロウ(以下、グウィネス):08年に「グープ」を立ち上げた頃は、まだインターネットも今ほど発達していなかった。昔から旅行をしたり料理をすることが大好きで、同時にウエルネスにも興味があった。だけどいざネットでヘルシーなレシピやトラベルスポットを探そうとしても、なかなか自分好みのものが見つからなかったことが多かったの。だから気に入ったヘルシーなレシピや旅行先などで出合った料理やレストラン、スポットなどは全てメモしていた。いろいろとメモしていくうちに、この情報を求めている人は多いのでは?と気づき、ブログを始めたの。仕事で世界中を飛び回る中で、実際友人からも「東京に行ったらどこの寿司屋に行くべき?」「スペインでオススメのサロンを教えてほしい」など、毎日のように質問があったからよかったわ。世界中の人と人、アイデアとアイデアをつなげたいという思いで始めたのよ。

1/3ページ

最終更新:5/20(月) 12:33
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2102号
2019年9月23日発売

定価500円(税込み)

2020年春夏NYコレのデザイナーは“タイムレスこそサステイナブル”を説く

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事