ここから本文です

大坂なおみ「セリーナ・スラム」達成へ。 苦手クレーを楽しく感じた

5/20(月) 6:37配信

webスポルティーバ

彼女の見る夢の原点には、いつも、幼少期に抱いた憧れや、幼き日の甘美な思い出がある。

【写真】ファンが押し寄せて大人気の大坂なおみ

 初めてツアー優勝したインディアンウェルズ大会は、彼女が今も憧れる存在を知るきっかけとなった、始まりの地。観客のブーイングを浴びながらも頂点に立つ姿を見たその日から、セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)は、大坂なおみがテニスをする理由となった。

「最も優勝したい」と願ったグランドスラムが全米オープンだったのは、会場であるUSTAナショナルテニスセンターこそが、大坂が初めてテニスボールを打ち始めた場所だからだ。そのセンターコートでセリーナに勝ち、優勝するという幼い夢を、彼女は昨年の9月に現実のものとした。

 全米オープン以外にも、テニスの世界には"グランドスラム"と呼ばれる夢舞台があると知ったのは、いつのことだったろうか?

 全豪に全仏、そしてウインブルドンと全米は、いつでも、なおみ少女の目を輝かせてきた。

 グランドスラムで戦うセリーナの姿を追い、やがては、セリーナのライバルと呼ばれるマリア・シャラポワ(ロシア)らにも憧憬の目を向けていく。その4大大会すべてを制することがテニス界最大の栄誉と知り、ならば自分もそれを成し遂げたいと、新しい夢を見た。

 大坂は、全米に続き今年1月の全豪オープンも制した時、早くも「次の目標はフレンチ・オープン優勝」だと言った。

 今年のクレーコートシーズンに入ってからも、目指すは4大会すべてを制する「キャリア・グランドスラム」であり、さらには、「年間グランドスラムなら、さらにすばらしい。それが間違いなく、今の私の目標」だと、さらりと明言した。思えば、セリーナがグランドスラム4大会連続優勝......俗に呼ばれる『セリーナ・スラム』を達成したのも、今の大坂と同じ21歳の時だった。

 大坂が初めて、ヨーロッパのレッドクレーコートに足を踏み入れたのは、わずか3年前のことだ。

1/3ページ

最終更新:5/20(月) 6:37
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事