ここから本文です

日本ダービー、サートゥルナーリアは 本当に「テッパン」なのか

5/20(月) 5:57配信

webスポルティーバ

「各陣営とも、建前上は『うちの馬にもチャンスがある』とか、『逆転可能』とか言っていますけど、本音は違います。みんな、戦う前から白旗を上げています」

【写真】安藤勝己氏選定の「3歳牡馬番付」

 関西の競馬専門紙記者がそう語り、各陣営が一目置いている馬とは、3歳牡馬の「一強」と称されるサートゥルナーリアのことだ。

 今週末に行なわれる第86回日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)。すでに関西の厩舎関係者の間では、サートゥルナーリアには「どうやっても勝てない」「勝負あった」といった空気が流れているという。

 前走の皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)では、2着ヴェロックス、3着ダノンキングリーとは同タイムで、アタマ、ハナ差の接戦だった。だが、それほど際どい勝負であっても、あのレースを見て、2着、3着の馬が「ダービーでは(サートゥルナーリアを)逆転できる」と思った人は、そう多くはないはずだ。

 形のうえでは接戦だったが、サートゥルナーリアと、2着、3着となった馬の間には、そう思わせるほどの、着差には表われない能力的な開きが感じられた。

 まさにそのことを、ダービーに管理馬を出走させる各厩舎関係者はひしひしと感じている。ゆえに"お手上げ"状態だというのだ。

 振り返れば、サートゥルナーリアにとって皐月賞は、昨年暮れのGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)以来の休み明け。トライアルを一戦も使わないという異例のローテーションだった。

 そして、年明け初戦が皐月賞という馬が、過去に皐月賞を勝ったことは一度もない。そのため、戦前には「サートゥルナーリアに取りこぼしがあるとすれば、皐月賞」と言われた。

 しかし、そんな"ハンデ"さえものともせず、サートゥルナーリアは皐月賞を勝利。見事、単勝1.7倍という断トツの人気に応えた。

 その事実が、サートゥルナーリアの、競走馬としての底知れない強さを物語っている。

 さらに、皐月賞前とは違って、今度は事あるごとに「順調」「絶好調」といった様子が伝わってくる。実際に前出の専門紙記者も、サートゥルナーリアの順調さについてこう証言する。

1/3ページ

最終更新:5/20(月) 5:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事