ここから本文です

カップルがその場のノリで海外ウェディング?! 写真を日本の家族に送ったら騒動に…

5/20(月) 15:48配信

女子SPA!

 普段と違って海外旅行中は、テンションもいつもより高くなりがち。そのせいか衝動的な行動を取ってしまうこともあるようです。

ラスベガス到着後に決めた現地での結婚式

 今から13年前、当時恋人だった旦那さんとアメリカ旅行に出かけた藤倉心美さん(仮名・41歳/専業主婦)は、旅先で結婚式を挙げたとか。けれども、海外ウェディングを行う予定はまったくなく、その場の思いつきだったそうです。

「ラスベガスに着いた後、彼が思い出したように『当日申し込んでも結婚式を挙げられるところが多いらしいよ』って言ったんです。

 それで当時人気だった女性歌手のブリトニー・スピアーズが酔った勢いでラベスガスの式場に駆け込んで式を挙げた話を思い出して、私が軽い気持ちで『ウチらもやろっか?』って提案してみたら彼がその気になっちゃったんですよ」

 2人は結婚を前提に交際しており、たがいの両親にも紹介していましたがまだ婚約前。そんなに簡単に決めてよかったのでしょうか?

「一応、宿泊したホテルの方に聞いてみたんですけど、『ラスベガスに来てから式を挙げようって決めたカップルも多いし、体験型アトラクションみたいなものだよ』と言っていたので大丈夫かなって。

 聞いたらドライブスルーで結婚式できる施設もあったそうですし、完全に割り切っていました。で、ホテルの方にオススメの業者をいくつか教えてもらい、彼とホームページを見て式を挙げるところを決めました」

申し込みに行くと、すぐに式を挙げることに

 申し込むには現地の役所が発行する「マリッジライセンス marriage license(結婚許可証)」が必要でしたが、パスポートなどの身分証明書があれば外国人でも簡単に取得できると教えてもらい、翌日ラスベガスのダウンタウンにある役場へ。

 即日交付してもらえたため、その後に業者のオフィスを直接訪れて申し込んだといいます。

「本当は次の日にする予定でしたが、『ちょうど今は空いてるからすぐにできるよ』って言われ、そのまま式を挙げることになったんです。選んだのはウェデングドレスとタキシードのレンタル衣装代、神父(※本物かどうかは確認していない)の前での誓いの言葉、記念撮影などがセットになった300ドル(約3万3590円)のプラン。

 前もって予約すれば本物の教会で式を挙げるコースもありましたが費用が少し高く、私たちが行った場所はオフィスに併設されたスタジオみたいなセットでした。けど、ウェディングドレスは一応ちゃんとしたやつでしたし、これで300ドルなら高くないと思いました」

 結婚式といっても記念撮影がメインで、着替えを合わせてもかかった時間は40分程度。そのため、結婚式を挙げたことを実感する間もなく終わってしまったそうです。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 22:58
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事