ここから本文です

自民党大阪府連会長、いきなり「都構想容認」発言で内紛勃発!

5/20(月) 6:40配信

週プレNEWS

4月の統一地方選挙で大阪維新の会が圧勝したことを受け、大阪都構想への対応をめぐって自民党大阪府連が内紛含みの大モメだ。

内紛のタネを作ったのは、府連会長に就任したばかりの渡嘉敷奈緒美衆院議員。5月11日の記者会見で突如、これまで党一丸となって反対してきた都構想の住民投票を容認するとぶち上げたのだ。

これに対し、自民大阪市議団は「ありえへん」「支援者への裏切りや!」と猛反発。府連広報委員長の太田晶也市議はこう語る。

「問題の記者会見の直前には、統一地方選後初の全体会議があったんですが、そこでは渡嘉敷会長は『住民投票を認める』なんてひと言も口にしていませんでした。

しかし、後でわかったことですが、その全体会議の前に行なわれた府連会長を決める総務会で、渡嘉敷さんは住民投票どころか『都構想そのものにも賛成したい』と発言し、出席議員から厳しくたしなめられたそうです」

それにもかかわらず、会見でいきなり例の発言が飛び出した。太田市議がこの発言を知ったのは、全体会議終了後に顔見知りの同僚議員らと喫茶店でホッと一息ついていたときだったという。

「スマホを見ていたひとりが、ニュース速報に気づいたんです。『何をトチ狂っとるんや!』と、みんな怒り心頭でしたね。身内どころか、維新の議員からも『おまえのところ、大丈夫か?』とメールが来るほどでした(苦笑)」

市議団は14日に議員総会を開いて対応を協議し、「1ミリもぶれることはない」と、あらためて都構想や住民投票への絶対反対を表明した。

いったい渡嘉敷会長の真意はどこにあるのか? 大阪市政担当記者が解説する。

「大阪の統一地方選は維新大勝、自民惨敗。そして早くも今年7月には参院選があり、衆院選との同日選になる可能性もあります。このまま選挙に突入したら、勢いのある維新候補に渡嘉敷氏自身が負けてもおかしくない。ただでさえ、統一地方選では自民支持層がかなり維新へ流れたといわれますし、『住民投票に反対する自民府連会長を落選させよう!』と、維新が強力な刺客を立てる可能性だってありますからね。

それだけに、渡嘉敷氏は維新にすり寄って保身を図ったのでしょう。住民投票容認発言は『私は敵じゃない』というメッセージだったとみるのが自然です」

ちなみに、渡嘉敷氏はアッキーこと安倍昭恵首相夫人と中・高の同級生。現在衆院4期目だがもともと大阪に地縁はなく、選挙は決して強いほうではない。大阪政界での評判も、「服装がいつも派手というくらいしか印象はなく、大阪府連をまとめ上げるほどの力量はない」(自民党関係者)という。

なお同じ11日には、やはり公明党も維新の"脅し"に屈し、住民投票に賛成する意向を表明している。それに加えて自民がこの体たらくでは、維新関係者のニンマリ顔が見えるようだ。


取材・文・撮影/ボールルーム

最終更新:5/20(月) 6:40
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.26
6月17日(月)発売

特別定価440円(税込)

徹底検証「プリウスロケット」説/「老後2
000万円」問題、素朴な大疑問/6・26
引退 長州力【グラビア】白間美瑠/吉田朱
里&村瀬紗英/渋谷凪咲/安田桃寧 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事