ここから本文です

お笑い界では“ひねくれ芸”がブーム? 南海キャンディーズ・山ちゃん、ハライチ・岩井…

5/20(月) 9:00配信

週刊SPA!

 お笑いコンビ・サンドウィッチマンが好感度ランキング一位を獲得するなど、仲良しで良い人、というイメージの強いお笑い芸人が人気を集めている一方で、世間にも同業者にも毒を吐き、いつもうがった見方をする“ひねくれ芸人”たちもブームを呼んでいる。

 毒舌・悪口キャラで、一時の低迷から再ブレイクを果たしたお笑い芸人の有吉弘行を筆頭に、社会に向けて棘のある、少々独特な感性を思う存分ぶちまける“ひねくれ芸人”たちは、一部では批判の声はあるものの、その正直な物言いから、共感を集めているのもまた事実なようだ。

 そこで今回は、そんな“ひねくれ芸人”たちを、数々のひねくれエピソードと共に紹介していこう。共感できるかは定かでないが、日ごろのストレスを代わりに吐き出してくれる彼らを楽しんで見ていただきたい。

南海キャンディーズ・山里良太:恨みを書き綴った“殺すノート”!?

 最初に紹介するのは、「モテない」「気持ち悪い」などと言われ続け、嫉妬やひがみを前面に出したキャラクターで笑いを取るお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里良太だ。

 山里は、日常で人に言われた嫌なことを“殺すノート”として自分のなかにしたため、チャンスがあったときに逆襲できるようにしているという。

 とくに有名なのは、しずちゃんこと相方・山崎静代との一件。近年は仲が良くなったと話す二人だが、当時しずちゃんがボクシングに映画と多忙を極めていることに嫉妬した山里は、番組で共演した際に台本からしずちゃんのセリフをすべて消し、一切喋れないように細工したという恐ろしいエピソードがあるようだ。

ハライチ・岩井勇気:その発言はひねくれか? 正論か?

 お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気は、ピンでの活動が目立つ相棒の澤部佑にひねくれているようだ。ゴールデン番組での活躍めざましい澤部の陰で、彼も“ひねくれ芸人”として着実に注目を集めている。

 過去に『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)の決勝に4年連続出場するなど、ハライチのコンビとしての実力は折り紙付き。しかしことバラエティ番組では、ネタを書いている岩井より、派手なツッコミで動き回る澤場のほうに多く声がかかるそうで、岩井の鬱憤はたまり続け、そのひねくれはもはや“腐り芸”の域にまで達しているという声もある。

 タレントのアンミカと番組で共演した際、通販番組にレギュラー出演するアンミカを「商品のスピーカー」と一刀両断。また、相方・澤部が出演するゴールデン番組も「30点のお笑い」と烙印を押し、その独自の感性でひねくれを表現していた。

1/2ページ

最終更新:5/20(月) 9:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

週刊SPA!7/2号

¥420

・最強の快眠メソッド
・アガるアウトドア10選
・親に免許を返納させました
・スクープ[スルガ銀行]詐欺関与の全貌

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事