ここから本文です

眞名井神社は3,000年以上前から続く 日本最古のパワースポット

5/20(月) 15:00配信

CREA WEB

令和元年にこそ訪れたい最強パワースポット

 2019年5月1日から新元号に切り替わり、「令和」の出展元となる万葉集に登場するスポットや、皇室と縁深いスポットが“令和ゆかりの地”として注目を浴びている。

 今年で1,300年を迎える籠神社は、天照大御神の孫・彦火明命を祀る古社だ。

 皇室の祖先といわれる天照大御神が三重県の伊勢神宮に鎮まる前に祀られた神社であることから、「元伊勢」と呼ばれている。

 注目のパワースポットは、その奥宮にあたる眞名井神社。眞名井神社は、3,000年以上前から続く日本最古のパワースポットだ。

 境内の出土品から、眞名井神社の一帯は縄文時代から神聖な地として神々を祀ってきたことが窺えるという。

 神社の裏には古代の祭祀形態である磐座が鎮座しており、イザナギ・イザナミや、伊勢神宮・内宮外宮の主祭神が祀られている。

 そして、ここで人気のスポットが御霊水「天の眞名井の水」だ。境内に湧き出しているこの水を求めて、多くの人が訪れる。

 「真名井」というのは、水に付けられる名前の中で最高の敬称。「天の眞名井の水」は神様の世界の水と言われ、縁結びにも徳があることでも知られている。

 新しい時代の始まりは、旅行などを通して心機一転するにも良いタイミング。

 令和元年の今年に“ゆかりの地”を巡るならぜひ、日本最古と称されるパワースポットに出向きたい。

丹後一の宮 籠神社・眞名井神社

開門時間 7:00~17:00所在地 京都府宮津市字大垣430電話番号 0772-27-0006https://www.motoise.jp/

木間のどか

最終更新:5/20(月) 15:00
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2019年7月号
6月7日発売

特別定価840円(税込)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事