ここから本文です

野村克也が語る「捕手の打撃」

5/21(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

キャッチャーの仕事は分析、観察、洞察の連続

森が捕手として打率3割をマークするか、楽しみだ/写真=大泉謙也

 今週も、読者の質問から始めたい。

「どなたかは忘れましたが、キャッチャーは2割ちょっと打てれば十分、というようなことを見ました。少なくとも、ほかのポジションの選手より配球を常に考えているわけですから、それを生かせばもっと率が上がると思うのですが、どうなのでしょうか?」(トラトラさん、38歳)

 おっしゃるとおり。私もトラトラさんの意見に大賛成だ。

 では、キャッチャーの仕事とは何か。そこから、もう一度考えてみよう。

 私はキャッチャーの“三種の神器”を「分析、観察、洞察」と表現している。

 まず、相手バッターの分析。相手打線がどんなバッターで構成されているか、あらかじめ分析しておく。私の場合は、変化球への対応の仕方で、バッターをA型からD型まで、4つのタイプに分類した。

 A型は理想型。ストレートに合わせて待ちながら、変化球にも対応できる。B型は外角か内角か、コースに絞って対応する。C型は右方向へ打つか、左方向へ打つか、流すか、引っ張るか、方向を決めて対応する。D型は、相手バッテリーの配球を読んで打つ。別の言い方をすれば、「ヤマ張り」。または、「野村型」というべきか。私は典型的なD型だった。

 キャッチャーにとって、最も難しいのは・・・ 本文:1,913文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/21(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE