ここから本文です

4月17日以降の広島はどこが変わった? 急上昇を数字で検証してみた

5/21(火) 11:03配信

週刊ベースボールONLINE

得点力がアップ

 王者がいよいよ目を覚ました。4月16日終了時点では借金8(首位と7ゲーム差)の最下位に沈んでいた広島が、そこから8連勝、そのあといったんは4連敗もあったが、またここへきて5月11日から19日まで7連勝(20日現在も連勝継続中)と勢いに乗って勝ち続け(4月17日以降、20勝6敗1分け)、あっという間に首位・巨人とゲーム差なしに迫ってきた。

 そこで今回は、4月16日時点の成績とそれ以降の成績を比較し、カープの急浮上のすごさを数字から浮き彫りにしてみたい。

 まず攻撃のほうから。打率を見てみると、4月16日終了時点ではチーム打率は.207と2割かつかつ。これが4月17日以降は.264となっているのだから攻撃力の急上昇は明らかだ。平均得点は、4月16日までが2.94、4月17日以降が4.56。1試合当たり約1.6点、得点力がアップしている。

 個人の打率を見ても、4月16日までは1割台だったのが、4月17日以降は3割打者またはそれに近い成績、という選手も少なくない。會澤翼は4月16日までは打率.195だったが、4月17日以降は.313、バティスタは.129だったのが、4月17日以降は.299になっているのだから、これも1割打者が3割打者に変身したといえるだろう。また、菊池涼介も4月16日までは打率.250、4月17日以降は.333と大きく打率を上げている。

 四番の鈴木誠也は序盤戦は孤軍奮闘の印象があったが、それでも4月16日までは打率.275、4月17日以降は.376と1割以上打率が上がっている。ここに4月16日まで.212で、4月17日以降は.284と上げてきた西川龍馬が加わり、二番から六番あたりまでをこれら上昇カーブを描いた選手で固めたことで、切れ目のない打線が出来上がった。

 4月16日時点では出場3試合だった磯村嘉孝が4月17日以降では11試合で打率.381と、六番に入っても十分な成績を残しているのも見逃せない。主に一番を打っている野間峻祥は、4月16日までが打率.302、4月17日以降が.281と少し下げているが、いい状態はキープしている。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 11:03
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

週刊ベースボールONLINEの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事