ここから本文です

高橋一生、斎藤工が褒めまくった俳優は? 本人「ドキドキしちゃうな」

5/21(火) 19:40配信

ananweb

男と女はわかり合えない!? 大人男子の“こじらせ恋愛”。ドラマ『東京独身男子』で、ハイスペックでありながら、自ら独身を貫く“AK男子”(=あえて結婚しない男子)を演じる高橋一生さん、斎藤工さん、滝藤賢一さん。お三方に「結婚」についてお話を聞きました。

――高橋さん、斎藤さんは独身ですが、結婚を意識する瞬間はありますか?

高橋:やっぱり、滝藤さんを見るたびに「家族っていいな」とは思います。お子さんのお迎えに行ったり、一緒に遊園地に行ったり、という話を聞くたびに滲み出る“いいお父さん”感がたまらないんです。

斎藤:素晴らしいお父さんだし、素晴らしい旦那さんですよね。僕は、まだ優先順位がどうしても“自分”になってしまうのですが、自分以上に優先するべき対象がいる人の底力みたいなものを感じます。理想的な夫像を近くで見させていただいているというか。

高橋:僕は“あえて結婚しない”とは言いません。ストレートにKD(結婚できない)男子です。僕には無理だなと思いました。

――そこまで言わなくても(笑)。

滝藤:それを言うなら、僕もKD男子かな。“子だくさん男子”の意味ですけど。

斎藤:さすが、4児の父! でも滝藤さん、少し前にテレビ朝日の入社式に3人でゲスト登壇させていただいた時も、「奥さんと改めて恋愛がしたい」と仰っていましたよね。それを聞いて、男性としてもやはり素敵な方だなと思いました。

高橋:ただその時、「“恋愛”がしたい」と言ってしまったから、会場が少しザワついて(笑)。

滝藤:何度も恋に落ちるみたいに、どんどん好きになっていきたい、という意味でね! そういう夫婦でいたいと僕がいつも思っていることは、ぜひ太字で書いておいてください(笑)。

――ちなみに、滝藤さんが結婚相手に求める条件とは何だったんでしょうか?

滝藤:僕は単純に、家庭に入ってくれる人がよかったんです。だって、耐えられないですよ。奥さんが外で自分以外の男としゃべっているのなんて。

高橋:かっこいい…。

斎藤:キュンときました。

滝藤:もちろん恋愛している時はそんなこと考えなくていいですけど。結婚したら、彼女は僕のものであって、僕自身も今は彼女のものです。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 19:40
ananweb

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事