ここから本文です

砂浜のプラごみ、実は砂の中のほうが多かった、研究

5/21(火) 7:10配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

「清掃活動が追いつかない」「ここだけの問題ではない」と研究者、オーストラリアの海洋島

 この10年で海岸の清掃活動(ビーチクリーンアップ)は世界各地で行われるようになった。ボランティアたちはたえず、拾っても拾っても漂着するプラスチックごみを掃除するという途方もない活動に取り組んでいる。しかし、オーストラリアの本島から遠く離れた島々で行われたプラスチックごみの研究によると、不本意ながら、海岸の清掃活動ではすべてのプラスチックごみを取り除けない可能性が指摘された。プラスチックごみの大半は砂の中にあり、表面からは見えないからだ。

ギャラリー:プラスチックごみに翻弄される動物たち、写真10点

 研究結果は、5月16日付けの学術誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表された。絶海の孤島での調査は、人が住んでいる地域の海岸で清掃が何年も行われず、プラスチックが漂着するままにしておいたらどうなるかという憂慮すべき実態も教えてくれる。プラスチックは徐々に壊れて小さな破片となり、マイクロプラスチックになるのだ。

 米国の環境保護団体「オーシャン・コンサーバンシー」は、1986年にテキサス州のある海岸で清掃活動を始めた。現在は100カ国以上で清掃活動を主催していて、この数十年間に14万トンものごみを拾ったという。

 しかし、清掃活動で砂の中のマイクロプラスチックは拾えない。どのぐらいのマイクロプラスチックがどのぐらいの速さで砂に埋もれ、どんな影響があるのかは、いまのところ誰も知らない。

 論文の筆頭著者であるオーストラリア、タスマニア大学の海洋科学者ジェニファー・ラバーズ氏は、「残念ながら、これはココス諸島だけの問題ではない」としている。

「世界には約2000の海洋島(一度も大陸とつながったことのない島)があり、人里離れた海岸に毎日大量のプラスチックごみが新たに漂着していて、清掃活動が追いつかない状況にある。速やかで有意義な変化を起こさなければ……、海洋プラスチックはいつになっても削減できないだろう」とも論文には書かれている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事