ここから本文です

「マドリーの新戦力は誰が必要?」スペイン紙が読者投票を実施! 最下位はなんと驚きの…

5/21(火) 5:20配信

SOCCER DIGEST Web

ダントツの1番人気はやはりアザール!

 スペイン全国紙『as』がユニークな読者アンケートを行なった。

 今季のラ・リーガで3位に甘んじ、チャンピンズ・リーグもベスト8敗退の憂き目に遭うなど、無冠に終わったレアル・マドリー。ジネディーヌ・ジダン監督のもと、現有戦力を大幅に見直し、夏に大刷新を図るのではないかと目されている。

【PHOTO】どれもこれもスーパーカー! 名手ポグバの“豪華すぎる“愛車コレクションを一挙公開!

 そこで同紙は読者に「マドリーがもっとも必要としている新戦力は誰?」と問いかけた。候補に挙げたのは、獲得に現実味のある6選手だ。エデン・アザール(チェルシー)、ネイマール(パリ・サンジェルマン)、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、クリスティアン・エリクセン(トッテナム・ホットスパー)、ルカ・ヨビッチ(アイントラハト・フランクフルト)、そしてタンギ・ヌドンベレ(リヨン)だ。

 およそ16万票が集まった投票結果は、以下の通りである。

1位:アザール 5万3700票
2位:ヨビッチ 3万4700票
3位:エリクセン 2万5300票
4位:ネイマール 1万6900票
5位:ヌドンベレ 1万6400票
6位:ポグバ 1万3800票

 やはりダントツの1位はベルギー代表のエース。チェルシーは1億1600万ユーロ(約150億円)の移籍金を求めているとされ、マドリーはなんとか粘り強い交渉で減額を試みている。フランクフルトでゴールラッシュを決め込んだヨビッチも人気を集めた。こちらは6000万ユーロ(約78億円)での獲得が秒読み段階だ。

 同じく今季のプレミアリーグとチャンピオンズ・リーグで存在を示したエリクセンが支持を得るなか、ファンがさほど重要視していないのがネイマールとポグバだ。前者はフロレンティーノ・ペレス会長の、後者はジダン監督の肝煎りながら、どちらも強烈なエゴの持ち主なのが懸念事項。同紙は「だとしても、ポグバの最下位は驚きだろう。今季の低調な出来もさることながら、1億4000万ユーロ(約180億円)とも言われる巨額の移籍金に見合わない、と考える向きが強いのかもしれない」と分析している。

 いずれにせよ今夏のマドリーは、移籍マーケットにおけるメインキャストのひとつ。はたしていかなる積極策でオペレーションを完遂させるのか、興味は尽きない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:5/21(火) 5:20
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事