ここから本文です

両生類を激減させている「ツボカビ」の猛威は、想像をはるかに超えていた

5/21(火) 19:13配信

WIRED.jp

両生類は4億年近くもの間、地上で餌を探し、水中で生殖活動を行うという二重生活によって大きな成功を収めている。ところが、恐竜の絶滅や世界各地の大災害も生き抜いてきた両生類たちが、いま過去になく手ごわい“大災害”に直面している。それは人類だ。

トナカイ300頭を殺した「雷のナゾ」

生息環境の悪化や、野性生物の商取引によって追い詰められてきた両生類は、人間が世界中に広めた「カエルツボカビ」という強敵と対峙している。この病原菌が厄介な問題であることは、科学者たちの間では知られていた。

両生類に影響するツボカビには2種類ある。いずれも両生類の皮膚に感染して、呼吸や水を吸収する能力を阻害する。しかし、それがどのくらい悪質なものであるかはわかっていなかった。

500種以上のカエルがツボカビの犠牲に

この状況を変えたのが、2019年3月に発表された論文だ。ツボカビがもたらす被害を、これまでにないほど徹底的に数値化している。

これまでの推計では、ツボカビによって200種の両生類の数が減少したとされていた。ところが今回の研究では「500種以上」に増えている(これは控えめに見た推計だ)。しかも、そのうちの90種は、もはや絶滅したと考えられるという。これは単一の病気がもたらした生物多様性の損失としては、科学がこれまでに知りうるなかで最大のものだと著者たちは述べている。

ただし、判明したことのなかには、いい情報もある。国際的に活躍する40人以上の科学者が参加した研究チームは、未発表のものも含めた膨大なデータを再調査した結果、ツボカビによる死亡数は1980年代にピークを迎えたと思われると結論づけたのだ。

これまでで最も大量のデータを収集することにより、これらの病原菌について理解が深まりつつある。4億年も続いてきた両生類の繁栄が崩れ落ちる前に、この病気を食い止める有望な方法についてもだ。

種によって異なるツボカビへの抵抗力

オーストラリア博物館に勤務する両生類専門の生物学者で、今回の研究には参加していないジョディ・ロウリーは、「個別の研究は数多く発表されていますが、(この危機についての)世界規模の全体像が得られたのは今回が初めてです」と語る。「その意味では、これが『両生類の世界的な状況』のようなものです」

ツボカビの問題に関するデータは、これまであまりなかった。この病原菌は極めて予測しやすい側面もありながら、挙動を把握するのが難しいのだ。両生類の皮膚をもつすべてが感染対象となるという点では予測しやすいが、すべての種が同じように影響を受けるわけではない点が、予測しづらい点として挙げられる。

第1に、ツボカビは塩水を嫌う。このため、塩分を含む湿地帯に棲む両生類は感染を免れやすい。第2に、両生類の皮膚には人間の皮膚と同様に複雑に関係しあう細菌がたくさん生息している。人間との違いは水分の多さだけだ。

『Science』誌オンライン版に発表された今回の論文の筆頭著者で、オーストラリア国立大学で生態学を研究するベン・シェーレは、「両生類の皮膚に棲む一部の細菌はツボカビを抑制するほか、殺すことさえあることがわかっています」と説明する。「さらに一部の種のカエルは、ツボカビを殺すとみられる分泌物を出します」

1/3ページ

最終更新:5/21(火) 19:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事