ここから本文です

昨日より2kg増…たった1日で体重が変動するワケ

5/21(火) 22:00配信

ウィメンズヘルス

いつも通りの生活を送っていても、体重が増えてしまうことはある。マインドフルな食事を促すプログラム『Am I Hungry?』のクリエイター、ミシェル・メイ医学博士は、「生きている限り、私たちの細胞、組織、臓器は周囲環境との物々交換を続けるので、体重は変動します」と説明している。

【動画】徹底的に「下半身」をシェイプアップ!個人レッスン体験

人はそれぞれ違うため、何キロ程度の体重変化が正常なのかはメイ博士にも断言できないけれど、一晩で何キロ分もの脂肪がつくようなことは少ない。この内容をアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

体内では実際何が起きている?

体重が大幅に変わるのは、「体内の廃棄物処理システム(尿や便)に変化が生じ、腎臓とぼうこうにある体液が移動する」から。

例えば、塩辛い物を食べると、血中の塩分濃度を維持するために体が水分を抱え込む。メイ博士によると、その余分な水分は体外に排出されるまで塩分を薄め続け、一時的な体重増加を引き起こす。
また、フルーツに野菜、スープやスムージーなど、水分含有量の高いヘルシーな物を食べたために(その水の重さが原因で)体重が一時的に増えることもあるけれど、余分な水分が排出されれば体重は元に戻るはず。

実際の体重を測るには?

体重を最も正確に測るには、週に一度、朝一で体重計に乗ること。排尿直後の同じ時間に測るのが理想的。そのあとは7日間(もしくはずっと)体重計に乗らないで。

それ以上頻繁に体重を測っていると、増減することが多すぎてイライラしてくる。体重計を使う代わりにメジャーでボディーサイズを測ってもいいし、洋服のフィット感に気を配るだけでもOK。
ただ、自分にやたら厳しくするのはもうやめて。

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

最終更新:5/21(火) 22:00
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい