ここから本文です

キャサリン妃のパーフェクトなサマールック!エレガントなキュロット姿で公務に登場

5/21(火) 21:26配信

ハーパーズ バザー・オンライン

キャサリン妃は王立園芸協会(RHS)とのコラボレーションに懸命に取り組み、特に幼少期の成長過程における健康促進を目的としたガーデンをデザインした。それがついにチェルシー・フラワー・ショーで展示され、キャサリン妃は家族揃って訪問。ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子は小川や木につけたスイングで楽しく遊んだ。

【写真】品格漂うキャサリン妃のパンツコーデ15

そして20日、プレスデーで再びガーデンを訪れたキャサリン妃は地元の小学生たちと対面。この日の彼女はキュロットとシンプルなスペルガの白いスニーカーに、フローラルな白のシャツというルック。

@MiddletonMavenによると、キャサリン妃と同じスペルガのスニーカーはまだ購入可能。フローラルなデザインのシャツは「M.i.h.ジーンズ(M.i.h.Jeans)」のもので、キュロットは「マッシモ・ドゥッティ(Massimo Dutti)」、イヤリングは「モニカ・ヴィナダー(Monica Vinader)」だとのこと。

ケンジントン宮殿はインスタグラムでキャサリン妃の訪問について、次のように書いている。

「皆さん、今朝は#RHSChelsea Back to Nature Gardenでケンブリッジ公爵妃とご一緒くださり、ありがとうございます!月曜日の夕方、エリザベス女王や@TheRoyalFamilyのメンバーと#ChelseaFlowerShowを訪ねるのに先駆け、公爵妃は地元の小学生たちと一緒に、葦舟のケーキ作りや焼きマシュマロなど屋外でのアクティビティを行いました。また公爵妃はこの場をお借りして、このプロジェクトに関わった素晴らしいチームの皆さんに感謝致します。公爵妃は、子供たちや家族、コミュニティがもっと外に出て、自然が身体的精神的な健康にもたらす大きなメリットを享受するインスピレーションとなることを目的に@The_RHSバック・トゥー・ネイチャー・ガーデンをデザインしました」

キャサリン妃の公務ルックも気になるけど、彼女が真摯にプロジェクトに取り組む姿も引き続き楽しみだ。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR.com

最終更新:5/21(火) 21:26
ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2019年9月号
2019年7月20日発売

特別定価:700円(税込)

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事