ここから本文です

亀田興毅が那須川天心のボクシングを高評価「2戦目で世界タイトルマッチに行ってもおかしくないくらいのレベルにある」

5/21(火) 15:45配信

ゴング格闘技

5月21日(火)都内にて、6月22日(土)に拳を交えるRISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)vsプロボクシング世界三階級制覇王者・亀田興毅の記者会見&調印式が行われた。

【写真】那須川とついに顔を合わせた亀田

 サングラスをかけて登場した亀田は、しばらくするとサングラスを外して「雰囲気だけ」と笑顔。以降も柔和な表情でリラックスして会見に臨んだ。

「天心君が年末にメイウェザーとやったじゃないですか。凄いなと思って。ボクシングで3つくらい階級が上のチャンピオンに挑んで、ほんまに凄いなと。でも俺やったら…と考えたら、それなりに自信あるじゃないですか。まあ、さすがに俺も1RでKOされます(笑)。でもほんまに格闘技界を盛り上げていく選手やと思うから、純粋に自分も格闘技界の人間としてずっと前から見ていましたよ」と、以前から那須川に注目していたという亀田。

「自分も言うても引退した選手やからね。年齢もひと回り違うし。ちょうど寅年でひと回り違う。でも令和の時代になって。格闘技を盛り上げていけるなら面白いなって。周りもこの戦い、格闘技の枠を超えたこの戦いに興味あるやろうし。試合までにもっと盛り上げていけたらなと」と、年齢(亀田32歳、那須川20歳)差はあっても格闘技を盛り上げるために一肌脱ぐという。

「頑張りますよ。またちょっと禁酒せなあかんかもね。引退してずっと飲んでいて親父にも怒られている。また禁酒生活を始めて一生懸命にやろかなと。ハイボールが恋しいです(笑)」と言いながらも、「自分もプロである以上はリングに上がるなら、それなりの身体を作って上がらないとカッコ悪い。仮にも世界王者になった人間だからボクシング界の人間として、ボクサーとして、世界王者として恥ずかしくない試合をしないといけないと思っている」と、元世界王者のプライドをのぞかせる。

 この対決が決まってからは「ロードワークを始めて、ボクシングのトレーニングを取り入れています。筋肉痛がひといのでちょっとずつ上げていこうかなと。ぼちぼちスパーはやらなあかんですね。ぼちぼち仕上げていこうかなと思っています」と、徐々に仕上げているようだ。

 亀田家のことを聞かれると「そもそも自分は引退してから何もやってないから。去年は復帰戦でちょっとトレーニングしたけれど、(弟の)大毅から『危ないからやめとけ』と言われた。この会見に親父もおって天心君のお父さんもおっての方が見た目もいいし、親父に電話して会見来てや、と言ったんですが『言うの遅いわ、俺はバーベキューがあるから』と(笑)。そんな状況です。昔の親父とは違うから。今の亀田家はそんな感じ」と、あまり家族の協力は得られていないようだが、「去年が最後の引退試合だとリングに上がって2度目の引退をして、まさかまたリングに上がるとは思っていなかったので、これがほんまに最後やと思っているから、親父にもセコンドに就いてもらおうかなと思っています」と、これが本当に最後のリングになると話す。

「天心君がフェザー級くらいか。自分の現役より3階級上になるから、減量ないのでしっかりトレーニングをして、最後まで追い込んでやっていこうかなと。当日は恥ずかしくないところまで仕上げて、みんな注目して見てくれるだろうからそれなりのものを見せようかなと思っています」と、体重差を気にしながらも万全を尽くすとする。

 那須川のボクシングの実力について聞かれると、「正直レベルは高いと思います。テーパリットとのスパーリングを見たけれど、引退したとはいえ世界王者として戦っていたボクサーだから。身体はダブダブだったけれど短いラウンドなら出来る。その選手を相手に足でさばいていたし、カウンターもよかったし。ボクシングに対応できるかは未知数だけれど、しっかりやれば普通にデビュー戦で世界ランカークラスに勝って2戦目で世界タイトルマッチに行ってもおかしくないくらいのレベルにある。

 やってみないと分からないけれど、ボクシング業界でも評価が高いから。俺は見てなかったから知らなったけれど、レベルは高い。俺、大丈夫かなと(笑)。ほんまに強いですよ。だから凄い楽しみ」と、かなりの高評価。それでも「倒しに行って1000万。それはもらいにいかないと。目の前にぶらさがっているんだから」と、那須川を倒して1000万円を奪取すると言い放った。

最終更新:5/21(火) 15:45
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事