ここから本文です

ロエベとパニエ。ボン・マルシェの夏は取り舵いっぱい!

5/21(火) 17:01配信

フィガロジャポン

毎年、夏が近づくとデパートのボン・マルシェ全館がバカンス気分いっぱいに変身する。今年は6月23日まで“A Babord Toute !(取り舵、いっぱい)”と題し、この夏に欲しくなるモード&アクセサリーを販売中だ。

その他の写真はこちら

特別ゲストはロエベとパウラズ イビザのコラボレーションで、その第3弾を限定販売している。1970年代のイビザ島の伝説のブティックPaula’s ibiza。そのアーカイブからジョナサン・アンダーソンがインスピレーションを得た、ユニセックスコレクション。ロエベのブティックではコレクションの一部を販売しているが、ボン・マルシェではコレクションのすべてが揃えられているというのが凄い!

1階のアクセサリー売り場の中央のスペースでは、サンダルやバッグの豊富なセレクション。とりわけ夏にひとつは欲しいパニエは世界中のブランドからの厳選で、迷うほどの数が売り場に並んでいる。寒さが長引くパリだけど、パニエを手にとると、太陽が降り注ぐ海辺の町へと気持ちが逸る。

“A Babord Toute !”展
会期:開催中~2019年6月23日
会場:Au Bon Marche
24, rue de Sevres
75007 Paris
営)10時~20時(月、火、水、金、土) 10時~20時45分(木) 11時~19時45分(日)
無休

realisation:MARIKO OMURA

最終更新:5/21(火) 17:01
フィガロジャポン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

トレンドに流されず、自分らしいスタイルを
探したい女性たちへモード、カルチャー、
旅、インテリアなどの様々なジャンルの情報を
「ファッション」の視点で発信します。

フィガロジャポンの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事