ここから本文です

はじめしゃちょー『遊戯王』カード50000枚を40万円で売却 使い道に“らしい”と反響

5/21(火) 15:39配信

KAI-YOU.net

人気YouTuber・はじめしゃちょーさんがトレーディングカードゲーム『遊☆戯☆王OCG デュエルモンスターズ』約5万枚を売却する動画を公開した。

【画像】41万円の寄付を証明する領収書

3年間集めたカードを必要最低限のデッキと120万円相当の「ブラック・マジシャン・ガール」を除きすべて売却。合計金額は41万円にも上った。

カードゲーム好きとして知られるはじめしゃちょー

日本一のチャンネル登録者数を有するYouTuberであり、大のカードゲーム好きとして知られるはじめしゃちょーさん。

遊戯王カードに限らず、『ポケモンカードゲーム』や『デュエル・マスターズ』など多くのカードゲームを収集・プレイしており、ほかのYouTuberには真似できない羽振りのいい買いっぷりの開封動画も人気を集めている。

さらに世界大会予選で二連覇するなどその実力も折り紙つきだ。

そのカードゲーム愛から、サブチャンネル・はじめしゃちょーの畑の新メンバーオーディション時の仕事内容では、動画の出演、ネタの考案、編集などのチャンネルの常駐的な運営に加え、『ポケモンカードゲーム』などのゲーム活動も含まれた。

41万円はすべて日本赤十字社に寄付

今回、大量の売却に至った経緯としては、決して遊戯王カードへの熱が冷めたわけではなく、最近時間がなくプレイ時間が確保できなっかたり、管理する時間と場所が無いためだと説明。

カードの量が多すぎるため、査定ははじめしゃちょーさんの自宅で、休憩も挟まれながら6人体制で行われた。

注目の査定結果は41万円。一番高く売れたカードは「増殖するG」の20thレアで、1枚1万8000円で売却された。

大会に参加するならば採用率100%のモンスターでありながら、希少なシークレットレアのため高い査定金額になったと考えられる。

カード売却で得た41万円はすべて日本赤十字社に寄付。コメント欄には「最後ははじめんらしい良い終わり方!」「寄付しちゃうあたりやっぱトップだわ」「お金の使い方も日本一」など称賛の声が集まった。

森田将輝

最終更新:5/21(火) 16:56
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事