ここから本文です

ボルボのワゴンはなぜカッコよくなったのか? 新型V60を考察する!(試乗記前編)

5/21(火) 21:02配信

GQ JAPAN

ボルボのフルモデルチェンジした新型V60に今尾直樹が試乗した。かつてのボルボとは異なるあらゆる部分に感動したワケとは? 前編ではモデル概要&エクステリアについて記す。

【写真を見る】歴代のボルボワゴンと比べると?

何度見てもカッコいい

う~む、カッコイイのである。かつてこれほどスタイリッシュなボルボがあっただろうか。というようなフレーズが2016年に国内発売となった新世代ボルボの第1弾である「XC90」以来、何度繰り返されてきただろう。

それでも、繰り返しちゃうのである。2018年春のジュネーブ・ショウで発表となり、秋に日本に上陸したボルボのミドサイズ・ステーションワゴン、「V60」の第2世代は、ため息が出るほどカッコいい。

電動化に急旋回するボルボはV60の日本仕様にもプラグイン・ハイブリッドを2種類用意しているけれど、これらは納車が4月からということもあって、今回試乗したのは最高出力254psのガソリン2.0リッター直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載するT5である。

例によって内外装の違いでモメンタムとインスペクションの2種のグレードがあり、より贅沢仕立てのインスペクションである試乗車はナッパレザーが奢られ、19インチ・ホイールを履いている。

デザインと実用性を見事両立!

丸みを帯びていた先代V60とは異なり、新型はスクウェアなシルエットが与えられている。かつて「四角い」という形容詞は、ボルボと同義語だった。

半世紀前の1960年代に登場した「140」シリーズ以来、「200」シリーズ、「900」シリーズ、「700」シリーズときて、1990年代の「850」やその後の「V70」に至るまで、ほぼ直線と平面で構成されていた。

ふたたびスクウェアに回帰した2代目V60は、しかしながら単にスクウェアなわけではない。地を這うように低くて、日本の道路では狭いぐらいワイド・トレッドで、筋肉を思わせる膨らみがボディのサイドに陰影をつくり出している。サイズは先代よりおよそ50mm低くて、125mmほども延びている。

2870mmのホイールベースはおよそ100mm長くなって居住空間を稼ぎ、フロントのオーバーハングは大胆に100mmもカット。一方、リアのオーバーハングは125mmも継ぎ足されてカーゴ容量を増やし、おしゃれであることと実用性という対立しがちなコンセプトを両立させている。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 21:02
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年7月&8月合併号
2019年5月25日発売

800円(税込)

バスケ界期待の新星・八村塁/特集「TOKYO 2020 WINNERS」2020年に躍動する勝者を見逃すな!/ 別冊付録「スポーティな時計たち」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事