ここから本文です

美白の悩みに達人がアンサー! 手っ取り早く美白肌になるには? 将来のシミ対策は?

5/21(火) 22:40配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」6月号では、透明美肌を保つ達人が美白の悩みにアドバイス。気になるシミやソバカス、くすみなどのお悩みに、Q&A形式で答えます。

名作多数! プチプラ美白&UVをチェック

お悩み別 美白の達人 アベタイラがズバリ回答!
《美白&ブライトニングおすすめケア》
自らも透明美肌を保つ達人が美白の悩みにアドバイス。お手入れがもっと楽しくなりそう!

美容エディター
安倍佐和子さん
今年はデイリー使いしやすいジェルクリームが豊作!

美容エディター
平 輝乃さん
ベースメイクで隠れるシミは気にしない! 意識すべきは透明感

Q アウトドアが大好きだけど将来のシミが心配
A UVケアと通年美白
アベ:スポーツやアウトドアシーンに合うUVケアでとにかく守る! 私はサーフィンのとき、WPの日焼け止めとベースメイクを5層重ねます。浴びた日含め3日の集中ケアと通年美白も必須。

Q ソバカスも美白できる?
A 濃くなるのを防ぐにはUVケア
タイラ:紫外線への耐性が弱い肌はソバカスができやすいよう。でもしっかりUVケアをすることで濃くなるのを防げます。
アベ:メラニンができやすい肌質。インナー美白も加えて耐性を高めて。

Q プチプラの美白コスメの効かせ技は?
A たっぷりの量で丁寧に「手当て」
アベ:コットンに浸してマスクをするなど、量と時間をたっぷり使うこと。「手当て」を意識して丁寧にハンドプレスすれば満足度大。

Q せっせと美白ケアしているけれど、効果を感じません
A ケアをやめたときに感じます
タイラ:紫外線ダメージがシミにならないよう抑え込むのが美白。シミやくすみが気にならないなら効いているのでぜひ続けて。逆に美白をやめたときに、今まで効いていたことを実感するはず。

Q 美容医療にトライするならいつ?
A 紫外線が少ない11月以降に
アベ:美容医療の施術後は紫外線を浴びないほうがいいから、適しているのは11月頃から冬にかけて。これからの時期にやりたいとなったら、日焼け止めやベースメイクをかなり厚塗りにしなくては!

1/3ページ

最終更新:5/21(火) 22:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事