ここから本文です

【ACL速報】浦和、2点先行で決勝T進出へ大きく前進‼ 長澤&武藤弾で北京を突き放して後半へ

5/21(火) 19:48配信

SOCCER DIGEST Web

柏木が負傷退場、形勢不利の中で生まれた先制点

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は5月21日、グループステージ最終節を各地で開催。埼玉スタジアム2002では、浦和レッズ対北京国安の一戦が19時キックオフで行なわれている。

【PHOTO】浦和レッズを応援する美女サポーターたち

 試合は序盤、浦和にいきなりのアクシデント。10分過ぎ、開始直後に相手選手と接触プレーがあった柏木陽介がプレー続行不可能に。結局、13分に長澤和輝と交代することとなった。試合はその後、一進一退の攻防を見せるものの、徐々にアウェーの北京国安がペースを握る。浦和は自陣に押し込まれ、反撃の糸口をなかなかつかめない。

 しかし浦和は、30分過ぎ、興梠慎三の決定的なシュートで勢いを得ると、34分には柏木に代わって投入された長澤が相手の隙を逃さず、ミドルシュートを叩き込んでゴールネットを揺らす。形勢不利に見えた浦和が先制した。

 さらに浦和は41分、長澤のお膳立てから武藤雄樹が押し込み、2点目をゲット。勝てば、文句なしに決勝トーナメント進出が決まる浦和にとっては、大きな追加点となった。
 前半は2対0で浦和がリードして終了した。

最終更新:5/21(火) 20:09
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事