ここから本文です

井上尚弥、戦慄の瞬間に撮られた“無慈悲写真”が大反響「残酷な光景」「歴史の1コマ」

5/21(火) 12:03配信

THE ANSWER

井上も驚いたWBSS写真が反響拡大「なんとも対照的な画」「このシーンは斬新」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。衝撃のKOシーンは世界のファンを驚かせたが、大会公式ツイッターがなんとも印象的な写真を公開して話題に。井上がガッツポーズを決め、ロドリゲスがキャンバスに沈んだ“明と暗”の象徴的瞬間を会場の天井から激写。ファンは「このシーンは斬新」「歴史の1コマ」「残酷な光景」などと反響を呼んでいる。

【画像】「このアングル斬新だ」と本人驚き! 天井から撮られたリングに映るのは…WBSSが公開した井上の“無慈悲写真”の実物

 儚くも強い。井上の強さが凝縮された写真が反響を広げている。きっかけは、WBSS公式ツイッターが公開した1枚だった。

 会場の天井からリングを捉え、正方形の周りに多くのカメラマン、関係者が埋め尽くす中、黒のキャンバス中央左で右拳を挙げる井上。その右側、大会ロゴ付近でロドリゲスが力なく膝を突き、うなだれている。圧倒した井上と圧倒されたロドリゲス。両者の明と暗が如実に浮かび上がる。井上が259秒KOを演じた2回に2度目のダウンを奪ったシーンだった。

 この場面でロドリゲスは鼻から血を流し、呆然自失の表情でコーナーに向かって首を振った。投稿では「象徴的」と公開。静止画であっても井上の強さが見て取れる写真に井上自身も反応した。インスタグラムに引用して「このアングル斬新だ、、」と驚きをつづっていたが、目の当たりにしたファンも興奮を甦らせ、コメント欄で感嘆の声が漏れている。

4万超の反響「一目でわかる一枚、、斬新ですね」

「最高のアングル」
「珍しいアングル!!」
「このアングルもかっこいい!」
「このシーンは斬新」
「素敵ですね」
「歴史の1コマですね」
「全てが絵になりますね」
「一目でわかる一枚、、斬新ですね」
「斬新なうえにカッコイイ」

 井上に対する祝福はもちろん、象徴的なシーンに目を奪われたファンも多く「なんとも対照的な画……勝負の世界の常とはいえ残酷な光景にも映る」との声も。4万件を超える「いいね!」が相次いだ。井上がグラスゴーで演じた衝撃は、様々なドラマを生み出していた。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:38
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事