ここから本文です

井上尚弥がスコットランドで起こした衝撃 その時、現地ファンはビールをこぼした

5/21(火) 17:03配信

THE ANSWER

現地のファンも大興奮、勝利の瞬間には思わず握手を

“もうダメだ”の合図なのか、陣営からのタオル投入を阻止するサインなのか、真相は分からない。だが、2ラウンドでこんなにもはっきりと表情を曇らせるシーンは見たことがない。それも無敗の王者で、井上の最大のライバルと言われた男の姿なのだから、信じられないようなシーンだ。それでも立ち上がりファイティングポーズを取った意地は称賛したいが、もうやめた方がいいよとも素直に思った。

 KOタイムは2回1分19秒。すごいものを見た。グラスゴーまで来て良かった。前回のパヤノ相手の70秒KOも衝撃だったが、それ以上だ。前回は「え、もう終わったの!?」というのが率直な感想だったが、この試合はロドリゲスの強さも見えた上で、3度もダウンを奪っての勝利。強いのは知っていたけれど、こんなにも……。

 会場も文字通り衝撃を受けた様子だ。「ヨッシャー」と叫ぶ井上の姿に、現地ファンも総立ちで喝采を上げていた。隣の席のおじさんは興奮のあまり、ビールを私のズボンにこぼしていたが、そんなことはどうでもいいだろとばかりに握手を求められた。「アメージングだ! オレの言った通りだろ!」って多分、言っていた。私も興奮していたので、あんまり覚えていないけど。

 こんなボクサーがリアルタイムで見られる時代に生きていて幸せだ。大げさではなくそう思った。試合後の囲み取材で、井上は笑いながらこう振り返っている。

「吹っ切れた感はありますね。今日の喜びも、重圧から解放されたような、自分の中では喜びも爆発しましたし。期待に応えられたというか。皆さんがプレッシャーかけてくださるので(笑)」

 計り知れない重圧を乗り越えて、結果を出した王者に心からの拍手を送りたい。

THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino

3/3ページ

最終更新:8/3(土) 1:38
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事