ここから本文です

「戦争」発言・丸山議員の意外な過去。「日本の戦争参加」に歯止めをきかせようと尽力していた!?

5/21(火) 8:33配信

HARBOR BUSINESS Online

安保関連法案を「違憲」と指摘、対案づくりに尽力

「北方領土を戦争で奪還」発言で問題になっている丸山穂高衆院議員には、その言動からは想像がつかないような意外な過去がある。

⇒【画像】2015年7月6日の会見での丸山議員の発言を問題視した橋下徹・維新最高顧問(左)は、丸山氏に行儀見習い(”再教育”)をさせると公言した

 2015年夏、安倍政権が強行採決をしようとしていた安保関連法案成立を阻止すべく、憲法学者の小林節・慶應大学名誉教授が「合憲」だとお墨つきを与えた維新独自案作成・対案提出に関わっていたのだ。

 丸山議員の当時の役職は、維新「安保調査会」事務局長。同年6月に安保関連法案を「違憲」と断言して反対運動が盛り上がるきっかけを作った小林教授とも接触し、独自案作成について助言を受けて、同氏から「(その案は)合憲」との認定を受けた7月2日の公開ヒアリングにも立ち会っていた。

 その4日後の6日の日本記者クラブでの維新独自案の説明会見にも、丸山氏は柿沢未途・幹事長(当時)らと出席していた。「武力攻撃危機事態」という厳格な歯止めで自国防衛に限定する「維新独自案」と、日本から遠く離れた地域で米軍とともに戦争することを可能とする「政府案」との決定的違いを強調。安倍政権に対して「違憲の政府案ではなく、合憲の維新独自案を丸飲みすべき」と迫っていたのだ。

維新内部の路線対立に巻き込まれる

 そんな維新執行部(非大阪組)の政府案反対路線に横槍を入れたのが、安倍首相や菅官房長官と良好な関係にあった橋下徹・最高顧問や松井一郎代表ら維新大阪組だった。当時の維新は、「非大阪組」の松野頼久代表と柿沢幹事長、今井雅人政調会長が要職を抑えていた。そのため政権側につくか野党共闘するかの路線対立が激化。維新独自案作成で執行部と行動をともにしていた丸山氏へも、「大阪組」による批判(バッシング)が始まった。

「橋下氏『行儀見習いさせます』 自身を批判の維新衆院議員」と銘打った2015年7月11日付の『産経新聞』は、橋下氏と丸山氏の“バトル”を次のように紹介した。

「発端は、丸山氏が(2015年7月)6日の記者会見で、橋下氏との関係について『ツイッターでけんかするくらい(の仲)』と答えたこと。安全保障関連法案の対案作りに関わった丸山氏は6月、安保問題で積極的に発信する橋下氏をツイッターで『言うだけなら、ただの評論家』と批判した。橋下氏は9日のメールで『(4月の)統一地方選挙で初当選した新人より、たかが2年ちょっとだけ早く政治家になったに過ぎない新人』と丸山氏を切り捨て、『維新の会で行儀見習いをさせます』と“再教育”を宣言した」

「6日の記者会見」は、先に紹介した維新独自案(対案)を説明した会見だった。橋下氏は、丸山氏が尽力した対案の中身には一切触れずに、ツイッター上での『けんかするくらいの仲』という発言を問題視、「行儀見習いが必要な新人議員」という烙印を押したのだ。

 仕事内容よりも「上司との口の聞き方」が重要視されるような前近代的な組織で、自由な言論を抑えられ意に反する考えをもし強要されていたとしたら、酒浸りになって暴言を吐くようになったとしても不思議ではないのかもしれない。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 8:33
HARBOR BUSINESS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事