ここから本文です

32歳「元専業主婦」の彼女がのめり込む書く現場

5/21(火) 5:20配信

東洋経済オンライン

これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第63回。
 伊佐知美さん(32歳)は、フリーランスのライター、フォトグラファーである。

この記事の写真を見る

 最近まで、ウェブメディア『灯台もと暮らし』の編集長として5年間執筆編集活動を続けた。

また、2017年には都会から地方へ移住して生活をしている女性たちの様子を描いた『移住女子』(新潮社)を上梓した。

 バリバリ働く伊佐さんだが、仕事のスタイルはとても変わっている。国内外をつねに旅しながら、記事を制作しているのだ。

 彼女が旅の途中に海外で撮影した写真は色彩豊かでハッと胸を打たれる作品が多く、フォトグラファーとしての評価も高まっている。

 世界一周をしながらの写真と文章を掲載しているnoteは実に4万4000人以上にフォローされる人気のページになっている。

 伊佐さんが、なぜそのようなスタイルで仕事をするようになったのか、日本に滞在している短い期間にお話を伺った。

■転校ばかりの幼少期

 伊佐さんの出身は新潟県の見附市だったが、石油関係の会社で働く父親が転勤族だったので、幼い頃から頻繁に引っ越しをした。

 最初の引っ越しは北海道から東京の田無市(現・西東京市)へ、そして小学1年生のときには中国・上海の日本語学校へ転校した。

 「当時まだ上海は発展途上の都市でした。空港を降りたら小さい子がたくさん『お金をちょうだい』って集まってきて、車に乗った後もフロントガラスの上に乗ってきました。

 その様子を見て、ものすごいカルチャーショックを受けたのを覚えています」

 学校は、もともと転勤族の子どもが多いため出入りが激しかったが、それに加え阪神淡路大震災の避難で短期的に入学する人もいたので、毎月歓迎会とお別れ会がある慌ただしい環境だった。

 「出会ってもすぐ別れちゃう。ウェブが普及していない時代だったから『いつかどこかでまた会えたらいいな』って願うだけでした」

 日本にいた頃から図書館に住みたいと思うほど本が好きだった。中国では日本語の本を入荷しているお店は町に数軒しかなかった。そのお店で1カ月に一度、『なかよし』や『りぼん』を買ってもらうのがとても楽しみだった。

1/8ページ

最終更新:5/21(火) 5:20
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい